09
24
25
26
27
28
29
30
   

FF金利引き上げ確率

キャプチャ
出所:FedWatch Tool - CME Group Countdown to the FOMCのデータをグラフ化

9月のFOMCでアメリカのFF金利引き上げの確率が30%~40%に高まっているそうです。(THE WALL STREET JOURNAL)


ということで、以前取り上げた「FF金利先物からFF金利引き上げをどれだけ織り込んでいるか推測する」に従って計算してみましたが、20%程度になってしまいます。

くやしいので、CMEグループのサイトで探してみたら、「Countdown to the FOMC」というページを見つけました。FOMCごとのFF金利引き上げ確率が公表されています。

キャプチャ
出所:FedWatch Tool - CME Group Countdown to the FOMC

やっぱり9月のFOMCでの利上げ確率は21%です。


各FOMCの利上げ確率を抜き出してグラフ化したのがトップ画像です。

ここでは、1回の利上げ確率だけではなくて、複数回の利上げ確率が算出されています。

FF金利先物からFF金利引き上げをどれだけ織り込んでいるか推測する」で使用した計算式はCMEのものです。

でも、この式では、利上げする確率は算出できても、複数回の利上げは考慮していないように思えます。


どうやら、利上げ確率はいろいろな方法で算出されているようです。

もちろん。先物価格から算出するにしても先物価格はどんどん変動しますので、終値だけを考慮するか高値を使うか日中平均値を使うか中間値を使うかで確率は変わってきます。

どちらにしても、正解はなさそうですので、絶対値よりも相対的な変化を見たほうがよさそうです。


そもそも0.25%単位で利上げされるという前提で動いていますが、これだって前回が0.25%だったということだけなのです。

つまり、利上げ条件がそろってきて利上げはありそうだけど、細かいところは実際に利上げが行われてみないとわからないということです。

ということで、利上げ確率を確認するときには、今回使った「CME Group Countdown to the FOMC」を基準にしようかと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告