09
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

前場の下落と日銀ETF買い入れ

キャプチャ
チャート1:TOPIX前場と前営業日終値との比率と日銀ETF買い入れ

日本株が下がると日銀がETFを買い入れます。買い入れタイミングと額の基準は公表されていませんが、どうやら前場の引け値が前営業日に対して一定の割合以上に下がったら一定の買いを入れるといわれています。


ということで、TOPIXの前場引け値と日銀のETF買い入れ実績の関係を見たのがチャート1です。

上段にTOPIXの前場の終値と前営業日の終値との比率を並べてあります。(計算式=(前場の終値÷前営業日の終値)-1)

上昇した日は関係なさそうですので、上は1%で切っています。

日銀によるETF買い入れ結果は公表データを使っています。

買い入れが行われた最小下落率-0.24%に補助線を引いてみると、下落しているのに買い入れを行っていないときがあります。

--むにゃ 担当者が夏休みだったんだみょ

うん。そうかもしれません。でも、ほかの基準があるのかもしれません。


キャプチャ
チャート2:日経平均前場と前営業日終値との比率と日銀ETF買い入れ

TOPIXの代わりに日経平均でも確認しました。やっぱり同じ日に下落しているのに買っていません。

何か下落率以外にも基準がありそうです。


本日2016年9月8日も前場の引け値は0.4%以上下落していました。そして、後場は下げ幅を広げる展開となっています。13:45現在
日銀の動きはなさそうです。

前場の売買代金が少ないと市場への影響を考えて買い入れをとどまるのかとも思いましたが、今日は売買代金が13:45現在で1兆4000億円と決して少なくありません。

どうやら大人は難しいのです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告