09
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今さら聞けない 公衆Wi-Fi

キャプチャ
図1:Wireshark パケットキャプチャ画面

Wi-Fiって便利です。LANケーブルをつながなくてもネットにつながります。


Wi-Fiとは以前「今さら聞けない 無線LANとWi-Fi」で書いたように、「無線LAN機器のうちWi-Fi Allianceによって相互接続性の認証が取れた機器」に付けられている認証マークです。

無線LANというのは、いろいろなメーカーの機器が使われています。それぞれが独自の解釈で機器を作っていると、細かい解釈の違いで特定の機器がつながらない可能性があります。

そこで、業界団体を立ち上げて、業界標準のWi-Fiに準拠している機器に認証を与えることで、お互いがつながることを保証しています。うん。安心です。


Wi-Fiってのは無線LANの一種なのですから、LANケーブルがなくてもつながります。つまり、前の通りをたまたま通りがかった通行人や、隣に住んでいるおばちゃんや、近くに潜んでいる悪意の第三者でも、Wi-Fiの電波が受信できてしまうのです。

--うわ~ ハッキングだみょ スパイだみょ 警察に連絡するみょ

いえ。悪意の第三者は別にして、通行人やおばちゃんは悪くありません。電波を飛ばしているほうが悪いのです。勝手に電波が入ってくるだけなのです。


そもそもインターネットの世界はオープンです。ケーブルでつないでいても、やり取りしているデータはそのまま流れています。

満員電車の中で同僚と話しているようなものです。そこで会社の機密事項や怪しい異性関係などを話していたら周りの人には会話の内容が漏れてしまいます。

そのため、インターネットでも重要なデータは暗号化されてやり取りされています。お金を扱うようなサイトで必ず使われている「https」で始まるURLは、なりすましや盗聴を防ぐために暗号化されています。

でも、そのほかのデータはそのまま流れていますので、中身を見れば内容がわかります。そして、中身は簡単に見ることができます。極秘プロジェクトの企画書や社内恋愛のメールはすべて見えてしまうのです。

--うぎゃ~ 大変だみょ

うん。インターネットというのはそういうものです。

ケーブルでつながっていたら、そのネットワークに参加している人はある程度特定できます。でも、無線だと誰が聞いているのかわかりません。


そこで、やり取りされている内容を暗号化しようというのが、Wi-Fiの暗号化になります。

Wi-Fiのやり取りを「暗号化キー」で暗号化してやり取りします。その暗号化キーが「ネットワークセキュリティキー」です。

ネットワークを表示させたときに、Wi-Fiアクセスポイント名(SSID)の下に「セキュリティ保護あり」と表示されるネットワークはこの暗号化されたネットワークです。

キャプチャ
図2:ネットワークとインターネットウィンドウ


公衆Wi-Fiって便利です。無料で使えるWi-Fiも増えています。ネットワークセキュリティキーも不要でアクセスポイント名を選択するだけで使えるWi-Fiもたくさんあります。

--むにゅ? ネットワークセキュリティキーがいらないってことは暗号化は?

全くされていません。「そのまま」流れています。ログインIDもパスワードもすべてそのままです。図1にあるようなツールを使えば中身は丸見えです。

--んでも httpsなら

うん。中身は見えません。でも、どのサイトとやり取りしているかは見えてしまいます。


公衆Wi-Fiを利用するのは非常に危険なのです。

--うにゃ でも中身を見ることはいけないことだみょ

勝手に飛んでいる電波を受信して中身を見ることは違法ではありません。他人に中身を公表したりしなければ何も問題ありません。

--うに 気を付けるみょ

うん。セキュリティ保護されていない(ネットワークセキュリティキーが不要な)Wi-Fiには接続しないことが大切です。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告