07
25
26
27
28
29
30
31
   

REITの割安割高を調べる指標 NAV倍率とFFO倍率

キャプチャ
出所:一般社団法人 投資信託協会 そもそもJ-REITとは?

株式の割安割高を評価する指標としてPBRとPERがあります。


PBRとPERって便利です。何よりわかりやすい。業種や規模で違ってきますので、一律に評価するわけにはいきませんが、それでも比較はできます。

REITにも似たような指標があります。「NAV倍率」と「FFO倍率」です。

厳密にはPBRやPERとは違いますが、ざっくりと「同じような指標」と考えて良さそうです。


REITの資産は一般の企業の資産よりもずっと単純です。ほとんどが「現金と不動産」です。

NAV(Net Asset Value:時価ベースの純資産)」は純資産の時価総額です。

不動産は価格が変動します。そこで、購入価格ではなくて、時価を積み上げて現預金と合わせた額から、負債の時価評価を引いたものが時価ベースの純資産(NAV)です。

このNAVを発行済み投資口数で割ったものが「1口当たりNAV」となります。現在のREIT価格をこの「1口当たりNAV」で割ったものが「NAV倍率」です。

一般の企業のPBRと同じような指標です。


REITは、基本的に不動産を運用して利益を得ます。その純利益と減価償却費をあわせたものがREITのキャッシュフローとなります。

でも、時には不動産を売買することもあります。ただし、不動産の売買は本来の収益ではありません。一般の会社でいう「特別損益」です。

そこで、純利益と減価償却費から売却損益を控除したものが「FFO(Funds from Operation)」です。

このFFOを発行済み投資口数で割ったものが「1口当たりFFO」となります。現在のREIT価格をこの「1口当たりFFO」で割ったものが「FFO倍率」です。

一般の企業のPERと同じような指標です。


厳密にはPBRやPERとは少し違います。例えばPBRでは簿価で計算しますが、「NAV倍率」では時価です。

とはいっても、PBRやPERだって業種や規模によってそのまま比較できません。同じような指標だと思っていいかと思います。

PBRやPERと同じような比率ですから、評価も同じように「高ければ割高、低ければ割安」です。「NAV倍率」が1を割っていれば異常だし、「FFO倍率」が20倍で年利5%で、15倍で年利6%以上となります。

ざっくりと評価するには便利な指標だと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告