09
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

絵で見る東証33業種 証券、商品先物取引業

キャプチャ
図1:東証33業種 証券、商品先物取引業 売上高上位10社

東証33業種 証券、商品先物取引業 売上高上位10社です。


売上高1位の「8604 野村ホールディングス」は証券業界最大手です。とはいっても、決して株価をコントロールしたり、株価を勝手に決めたりはしていません。

--むにゅ? そんなことしたらいけないんだみょ

うん。そうですね。

第2位の「8601 大和証券グループ本社」も証券業界の大手です。この2社が古き良き証券会社といった銘柄です。

第3位の「8473 SBIホールディングス」はもきち♪もネット証券と銀行などでお世話になっています。他にもベンチャー企業投資など幅広く展開しています。

その名の通り、もともとは某グループだったのですが、今はちゃんと手を切ってまっとうな会社となっていますので安心です。




売上高5位の「8699 澤田ホールディングス」ってのは何かと思ったら、「エイチ・エス証券」とか「外為どっとコム」ですね。でも、売上高はどうやら海外の銀行事業で稼いでいるようです。


東証に上場しているのは42社です。

キャプチャ
チャート2:東証33業種 証券、商品先物取引業 売上高順

チャート2を見ると、売上高上位3社が飛びぬけているように見えます。というか野村強すぎです。


証券会社ってなじみの深い業種ですが、独立系というのは少ないのかもしれません。例えばMUFGの一員の「8703 カブドットコム証券」とグループ中核の「8473 SBIホールディングス」を一緒に比較できるかって話になります。

多角化を進めている企業の売上高から目的に事業の売上高を抜き出すのはなかなか難しいのですが、実際に比較するときはそこまで必要なのかと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告