11
24
25
26
27
28
29
30
   

絵で見る東証33業種 不動産業

キャプチャ
図1:東証33業種 不動産業 売上高上位10社

東証33業種 不動産業 売上高上位10社です。


売上高1位の「8801 三井不動産」は総合不動産会社で、ビル賃貸やマンション分譲などが中心です。売上高比率を見ると5割を超えています。

キャプチャ
図2:8801 三井不動産売上高比率

第2位の「3291 飯田グループホールディングス」は住宅が主力の建築会社一建設、飯田産業、東栄住宅、アーネストワンなど6社が持株会社方式で13年11月に経営統合しています。戸建てとマンションの分譲で売上高の95%を占めています。

第3位の「8802 三菱地所」は「8801 三井不動産」と双璧をなす総合不動産会社です。


東証に上場している「不動産業」は115社です。

キャプチャ
図3:東証33業種 不動産業 売上高順

図3を見ると、大手、中堅と売上高順にいろいろな規模の銘柄が揃っています。


不動産業は、オフィスビルから戸建て住宅、分譲から賃貸主力までいろいろな規模の企業が並んでいます。

マイナス金利に東京オリンピックと何かと材料に事欠きませんが、その材料でどのような企業がどのようなメリットを得られるかというのを考えながら評価する必要がありそうです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告