09
24
25
26
27
28
29
30
   

トランプ劇場千秋楽? それとも開幕?

キャプチャ
図1:Iowa Electronic Markets 2016 US Presidential Election Winner Takes All Market

今日はアメリカ大統領選の投票日です。


長らく続いてきた大統領選祭りもいよいよクライマックスです。

日本時間明日9日の午前中から徐々に開票速報が届いてくると思います。

--むにょ 一斉に開票しないの?

うん。日本なら一斉に開票できますが、アメリカはでっかいから西海岸と東海岸では3時間の時差があります。ハワイまで入れると5時間の時差です。一斉には開票できません。

投票締め切りの地域から徐々に開票速報が届くことになります。

日本でも各局が特番を予定しています。NHK-BS1では朝9時から6時間半の特番を組んでいます。日本の選挙でもここまでの特番は見たことがありません。


各メディアが独自に調査して支持率の推移を公表しています。メディアごとに独自に調査していますので、発表される内容も微妙に異なります。

ましてや、今はみんなBrexitの悪夢を鮮明に覚えています。わずかな差だと本当に実情を表しているかわかりませんし、毎日のようにニュースが出ますので、どのニュースまで消化した数字かを確認しないとどういった数字かわかりません。


少し真剣味があると思われるのが、大統領選先物の値です。これは個人の意思ではなくて、お金がかかっているから真剣勝負です。特にアイオワ大学が実施している「Iowa Electronic Markets」が有名なようです。

図1が2016年11月8日時点の価格チャートです。直近ではFBIのクリントンメール事件を訴追しないという報道を受けて、クリントン民主党(DEM16_WTA)が上昇して90を超えましたが、また新たな問題報道が出てまた差が詰まってきました。

とはいっても、この市場は投資できる金額の上限が設けられているなどの制限がありますので、自由な市場とは言えません。日本国内からの購入も可能かもしれませんが、国内法や税金の関係など十分注意する必要がありそうです。


もう。1日後には結果が出るわけで、早く知りたいようなちょっと怖いような複雑な感じです。

Brexitの悪夢から覚めないうちにトランプリスクです。

実際には多くの有権者が期日前投票を済ませているようです。さすがに期日前の速報はありませんが、実際にはもうすでに決定しているかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告