08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トランプ政策の織り込み?

キャプチャ
出所:Investing.com 米国 10年 債券利回りストリーミングチャート

トランプショックから、アメリカの長期金利が急上昇しています。


米国 10年 債券利回り日足6か月を見ると、7月初旬に安値を付けて、徐々に上昇していました。そこにまさかのトランプ当選があって、一度下げた後に急騰しました。

本当にトランプ当選が実現するとは思っていなかったから、一時的にトランプショックで大きく下げて、慌ててトランプさんの言い分を調べてみたというのが実情だと思います。


メキシコとの国境に建設する壁や、不法移民の強制送還などを別にすると、大幅な減税と大幅なインフラ投資を実施すると言っています。

減税で税収が減ってインフラ投資でお金を使うわけですから、お金がたくさん必要です。ところが、アメリカの財務状況も苦しいのです。毎年債務上限問題が沸き上がってきます。

アメリカの国債上限は法律で決まっていて、もういっぱいいっぱいです。


となると、また新たな法律を制定して国債上限を引き上げて、国債をバンバン発行してインフラ投資するということになりそうです。

バンバン国債を発行して金利が低いままだと買ってくれる人がいません。ということで、長期金利が急上昇しています。


--むにゃ イエレンおばさまの金利を引き上げとも関連するみょ

うん。FF金利も上げないわけにはいかないかもしれません。もはやイエレンおばさまの一存で決まる話ではなくなってきているように思います。

--むにゃ? トランプさんの意見も必要なの?

いえ。トランプさんよりもマーケットからの要求で上げざるを得ないかもしれません。マーケットは待ったなしなのです。


トランプショックはおさまったようですが、これからトランプ大統領の就任に向けて、マーケットはトランプ政策を織り込んでいく時期だと思います。

トランプリスクだけではなくて、トランプ政策を上手に評価して投資に活かしていきたいものです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告