11
24
25
26
27
28
29
30
   

我々は2つのシンプルなルールに従う:アメリカのものを買い、アメリカ人を雇う by トランプ大統領

キャプチャ
図1:大統領就任演説3つのポイント

2017年1月20日。ついにトランプアメリカ大統領が就任しました。


アメリカの大統領は、日本にも多大な影響力があります。今までSNSの書き込みで済んでいたのが、実際に権限を持ったのです。

ということで、就任演説を読んでいて、最も印象に残ったのが「We will follow two simple rules: Buy American and hire American.(我々は2つのシンプルなルールに従う:アメリカのものを買い、アメリカ人を雇う)」という言葉です。

今までTwitterでつぶやいていた内容をそのまま就任演説でも言っています。


そして、もきち♪なりに就任演説を3つのポイントにまとめてみたのが図1です。

--みょ アメリカ大統領の演説を勝手にまとめたら怒られるみょ

うん。でも、もきち♪が理解できるのは3つまでです。多少乱暴でも3つにまとめないとよくわかりません。

ということで、ポイントは「雇用」と「インフラ投資」と「同盟国との関係見直し」だと思います。


早速ホワイトハウスの公式サイトに「トランプ大統領の通商政策」が掲載されました。

キャプチャ
出所:ホワイトハウス公式サイト Trade Deals Working For All Americans

英語だとよくわかりませんので、Google chromeの自動翻訳結果を引用します。

この戦略は、太平洋横断パートナーシップから撤退し、新しい貿易取引がアメリカの労働者の利益になることを確かめることから始まります。トランプ大統領は、NAFTAの再交渉にコミットしています。私たちのパートナーがアメリカ人労働者に公平な交渉を与える再交渉を拒否すれば、大統領はNAFTAからの撤退の意向を通知するでしょう。

引用:上記部分のGoogle Chrome自動翻訳

TPPから撤退して、NAFTAの再交渉を行うって書いてあります。

TPP加盟交渉国全体のGDPのうち、9割以上を日本とアメリカで占めています。TPPからアメリカが抜けるってことは、TPPが成り立たないということになります。日本ではあれだけ議論して、強引にまとめてきたTPPが成立しなくなります。

TPPの意味がなくなると、仕切りなおしてアメリカとの2国間FTAを結ぶことになりかねません。35%の関税がかかるかもしれません。


就任演説と通商政策を読んでみましたが、一応今まで主張してきたことを大統領として正式に発言したように見えます。どうやら本気です。

おっきな子供が世界という新しいおもちゃを手に入れたということでなければいいのですが。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告