11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

1月の米雇用統計をもきち♪なりに消化してみる

キャプチャ
図1:米雇用統計非農業部門雇用者増加数と3か月移動平均

2月3日に1月の米雇用統計が発表されました。


市場予想では、非農業部門雇用者数が18万人の増加と好転することが期待されていました。

結果は、非農業部門雇用者数では市場予想を上回る22万7千人の増加でした。

ただ、失業率は4.8%に上昇して、平均時給は2.5%増と市場予想の2.7%増に届きませんでした。

非農業部門雇用者数は予想以上の伸びでしたが、失業率と平均時給は少し市場予想に届かなかったという内容です。


雇用統計を受けて2月3日のダウは186.55ドル上昇の20,071.46ドルとなりました。

ニューヨーカーはご機嫌です。

気になるドル円相場は、発表直後に上下に大きく動いて、結局少し円高ドル安の1ドル112.65円となりました。

円高ドル安には動きましたが、ダウが上昇したことにつられたのか、大証夜間取引の日経平均先物は日経平均終値に対して172円高い19,090円となっています。

来週は19,000円を回復して始まるのかもしれません。


雇用者数が増加して失業率が増加したというのは、求職者数の増加によるものだといえます。

つまり、求人が増えてきたから休職をあきらめていた人が就活を始めたから失業率が上昇したってことで、多少増えても心配なさそうです。

問題は平均時給の伸びが市場予想に届かなかったことです。この原因として求職者数が増加して失業率が増加したことが影響しているのかもしれません。

今の完全雇用の水準では、雇用統計の読み方も少し工夫が必要なのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告