07
25
26
27
28
29
30
31
   

IMEの変換文節がはっきりしないのは どうやらGoogle Chromeの問題

キャプチャ
図1:IMEの色指定を「ATOK」に変更した場合のFire Fox 画面

Webで日本語入力していると、変換文節がうまく表示されなくて、どこを変換しているのかわからなくなっていました。


そもそもアメリカ人が作ったシステムを極東の島国特有の言葉で使おうというのですから、それぐらいの不具合はあるだろうと使っていました。

でも、ひょんなことからFire Foxを使ったら、変換文節がちゃんと表示されます。

変換文節があいまいだといろいろややこしいので、何とかならないか試してみました。


まず、文字変換で使っているWindows標準の「MS IME」を設定してみました。標準設定では変換文節の下線が太くなるだけです。この太い下線を背景色に変更(懐かしのATOKスタイル)してみました。

キャプチャ
図2:Microsoft IMEの詳細設定

Fire Foxでの変換画面が図1です。これだったらCoogleChromeでも気が付くかもしれないと思いましたが、まったく変化がありません。

キャプチャ
図3:IMEの色指定を「ATOK」に変更した場合のGoogle Chrome画面


Google ChromeでMS IMEを使っているからかとも思いました。ビルゲイツとGoogleが仲が悪いのかもしれません。

だったらGoogle日本語入力だろうってんで試してみました。自分のところのWebブラウザで自分のところの日本語変換がちゃんと動かないってのは少しまぬけです。

結果はまぬけなほうでした。一緒です。


Googleの問題っぽいので、ググってみました。

どうやら昨年12月ごろから発生しているようです。うん。去年から引きずっている問題のようです。

そして、「今の」Google Chromeでは回避できない問題のようです。


しょうがないのでFireFoxをメインで使っていこうかと思います。いや。FireFoxに完全に乗り換えられれば解決なのですが、これがAndroidやGoogle driveやGoogleカレンダーなどのしがらみがありますし、どうも狐さんが手になじまなくていきなり乗り換えるのは難しい。

いや。そもそもWidnwos10を使っているのならデフォルトのMicrosoft Edgeだろうってのもありますが、こちらはもっと手になじみません。

Google側で解決してくれるまでは何とか工夫してしのぐしかないようです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告