11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

株式配当金の確定申告 平成28年版

キャプチャ
出所:国税庁 確定申告特集

確定申告って毎回申告しても年に1度ですので細かいところまで覚えていられません。それに、税制って毎年変わるのです。ほとんど毎年法令を調べながらになってしまいます。


そこで頼りになるのが、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」です。

所得や控除項目を入力するだけで申請書類が完成します。

もきち♪は「e-Tax」で電子申請していますが、書類だけ「確定申告書等作成コーナー」で作成して、印刷したものを持参するなり郵送するなりってのでも便利です。

もきち♪も最初は書類だけ作って印刷していました。昔はインクジェットプリンターではだめだったのですが、今はそんなややこしいことも言われません。


確定申告書等作成コーナー」でも、自分で「節税」ができます。

「節税」ですので、ちゃんと税制に認められている制度です。

株式投資だと、損失が出たときの「損益通算」と、「株式配当金」の「総合課税にするか申告分離課税にするか」などがこれに当たります。

証券会社の「特定口座」で「源泉徴収あり」にしてあると、申告の義務はありませんが、申告することで税金が還付されることがあるのです。

「損益通算」については以前投資で赤字が出たら必ず確定申告しておく」ことを確認しました。


「株式配当金」はほかの所得と合算する「総合課税」か、ほかの所得とは別にする「申告分離課税」にするかを選択できます。

「株式配当金」を総合課税にするか申告分離課税にするのかというのはいろいろなパターンが考えられますので、実際に計算してみるのが手っ取り早いです。

--みょ んでも計算ってよくわからないみょ

具体的には「確定申告書等作成コーナー」で入力するだけです。

ざっくりと考えて安くなるのは、課税される所得額が695万円未満の場合です。総合課税制度を選択することで「配当控除」が適用されて所得税率から軽減されて、源泉徴収される20.315%よりも税率が低くなる場合があります。

課税される所得額ですから、基礎控除とか扶養控除とかの控除後の所得です。

また、専業投資家で株式投資以外の総合課税所得が少ない場合には、配当金を総合課税とすることで、いろいろな控除を無駄なく享受することができます。税金は安くなります。


確定申告するつもりがなくても、「確定申告書等作成コーナー」で計算してみると、還付金があるかもしれません。

脱税がダメなのと同じように、税金の納めすぎもいけないことだと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告