07
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Windowsにお手軽なテキストエディタ

キャプチャ
図1:サクラエディタ

文章を書いたり、ちょっとしたプログラムを書くのに、テキストエディタってお手軽で便利です。


もきち♪はあまり余計なソフトをインストールするのは好きではありません。

今までWindowsでテキストファイルを作成するときはWindows標準の「メモ帳」を使っていました。

でも、「メモ帳」はちょっとシンプルすぎて、テキストエディタとしては使いにくいのです。

--みょ メモ帳はメモを書くための道具だみょ メモ以外の機能はなくて当たり前だみょ

うん。そうなのです。「メモ帳」をテキストエディタと呼ぶのはちょっと違うのかもしれません。


他にもWindows標準のテキストエディタはあります。

--みょ だったら最初からそれを使うべきだみょ

う~ん。実はMS-DOSの時代から「EDLIN」ってのが実装されていたのですが、もっと使いにくいのです。ラインテキストエディタですので、コマンドラインから編集する行を指定してコマンドで操作します。

キャプチャ
図2:EDLIN

--ムリ!!

うん。無理です。これを使って文章を書いている人を見たことがありません。

他にもバイナリデータも扱える「DEBUG」とかもありますがとてもテキストエディタとしては使えません。


文章を書くのに、文字数を知りたいときは多いものです。特に、仕事で文章を書くとなると、文字カウントは必須の機能となります。

「メモ帳」には残念ながら文字をカウントする機能はありません。しかたがないからWordなどを使いますが、Wordは重いし、おせっかい機能が厄介で、なかなか文章作成に集中できません。

また、ちょっとしたプログラムを書くのに、メモ帳は不便なのです。タブの扱いとか、対応する括弧の強調表示とかあると便利な機能がありません。

--みゅぅ メモ帳だから当然だみょ

うん。ということで、無料で使えるテキストエディタを探してみました。条件はできるだけカスタマイズしなくても日本語入力が容易で、文字カウントができて、ちょっとしたプログラムを書くのに予約語や対応した括弧が強調表示されるもの。

--みょ 欲張りすぎだみょ

うん。でも、結構基本的な要件だったりします。

いろいろ調べて、評判がよさそうな「Atom」と恋に落ちるエディタとの触れ込みの「SublimeText」と日本製の「サクラエディタ」を試してみました。

外国製のテキストエディタだと、日本語化して日本語の文字コードを設定したり行位置での入力などパッケージのインストールが必要になってきます。これはリストアするときに面倒なのでできれば避けたい。

キャプチャ
図3:SublimeText

ということで、Windows専用となりますが日本語対応の「サクラエディタ」を使っています。インストールするだけですぐに使えます。お手軽で便利です。


何だか久しぶりに言葉の壁を実感していたりします。日本語入力が必要なければもっと自由に選べるのかもしれません。

英語ネイティブの人はちょっとしたプログラムでも、コマンドの綴りでいちいち悩む必要もないのかもしれません。

恋に落ちるには英語ネイティブの必要があるのかもしれません。

でも。まあ。恋はお嫁さんで間に合っています。日本語を使っているのだから、日本語に適した道具を選択していくしかないのかとも思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告