07
24
25
26
27
28
29
30
31
   

歩み値のダウンロードと加工 その1

キャプチャ
図1:4042 東ソー 2017/2/24 9:00-9:30 の歩み値と出来高
データ出所:SBI証券  HYPER SBI

値動きを詳しく知りたくて、歩み値を調べたいときがあります。





以前「4042 東ソー一時急落 誤発注?を考える」では逃げてしまいましたが、歩み値を調べれば、もっと詳しい状況がわかります。

1分足の4本値でもダウンロードできれば多少は細かく検証できるのかもしれませんが、1分足の4本値をダウンロードできるサイトを知りません。

--みょ 修行不足だみょ

う~ん。そうですね。探せばあるのかもしれません。でも、前回の4042 東ソーの2月24日の値動きは、9:00から9:01の間に大きく下がっていますので、1分足でも5分足でも同じ模様になります。

ということで、やっぱり歩み値がほしくなります。


歩み値は、SBI証券 のトレードツール HYPER SBIからダウンロードできます。

HYPER SBIで知りたい銘柄のチャート画面を表示します。右上にある「時系列」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図2:HYPER SBIチャート画面

知りたい銘柄になっていることを確認して、左上の「個別銘柄」となっている窓をクリックして、リストの中から「歩み値」を選択します。

キャプチャ
図3:HYPER SB I時系列

初期設定では6か月になっています。例えば4042 東ソーの2017年2月24日の歩み値は3500件以上あります。初期設定の6か月間のデータを表示しようとすると、大変なことになりそうです。

ということで、期間は多くても3日ぐらいがよさそうです。今回は2月24日1日分の歩み値データを指定します。

日付が入っている窓右の▼をクリックするとカレンダーが表示されます。また、日付の変更したい部分をクリックすればキー入力も可能です。

2017/02/24が指定できたら、右側の「検索」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図4:歩み値の期間設定

歩み値が表示されたら、右上の「CSV出力」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図5:CSV出力

「名前を付けて保存」ウィンドウが立ち上がります。ここで初期設定では「C:\Program Files\SBI SECURITIES\HYPER SBI\UserData\ユーザー名」ととんでもないフォルダになっていますので、デスクトップあたりに変更して保存します。

ダウンロードしたファイルはエクセルなどの表計算ソフトのアイコンになっていますので、ダブルクリックすると歩み値が表示されます。

キャプチャ
図6:ダウンロードした歩み値

長くなりましたので、加工は「その2」に続きます。


Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告