07
29
30
31
   

歩み値のダウンロードと加工 その2

キャプチャ
図1:その1でダウンロードした歩み値

その1」でSBI証券 のトレードツール HYPER SBI から歩み値をダウンロードしました。


ダウンロードした歩み値は上から新しいものから古い順に並んでいます。このままでは使いにくいので、古いデータから新しいデータに順番に並べ替えます。

とはいっても日付は一緒だし、同じ時間の歩み値がたくさん並んでいますので、日付や時間では並べ替えられません。

そこで、あまりおしゃれではありませんが、一時的に通し番号を打って通し番号で並べ替えます。

何も入っていない「E列」に「行番号」を設定して、通し番号を打ちます。

「E2」、「E3」セルに1、2を入力して右下の■を下までドラッグしてオートフィルで連番を入力します。

キャプチャ
図2:オートフィルで行番号を入力

行見出し「1」の上、列見出し「A」の左をクリックするなどしてシート全体を選択して、「データ」タブの「並べ替え」を選択します。「並べ替え」ウィンドウで「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックが入っていることを確認して、列の「最優先されるキー」を「行番号」に指定して、「順序」を「降順」に指定して「OK」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図3:並べ替えウィンドウ

古いデータから順番に並べ替えられました。


でも、行番号を見ると「3572」となっています。3572行のデータが入っています。このままではデータ量が多すぎて少し扱いにくい。

ということで、ざっくりと歩み値の推移を見てみます。

約定値が入っているD列の列見出し「D」を選択して「D列」全体を選択状態にして、「挿入」タブの「グラフ」にある「折れ線」のピクトを選択して「折れ線」をクリックします。

キャプチャ
図4:折れ線の選択

歩み値のチャートが表示されます。

キャプチャ
図5:歩み値のチャート

チャートを見ると、最初に大きく値が崩れて、その後回復してからはほとんど動いていません。つまり、面白いのは初めのほうだけで、あとはあまりそそられません。

ということで、9:00から9:30までのデータだけ残してあとはザックリと削除してみます。

「Ctrl」キーを押したまま「F」キーを押すと「検索と置換」ウィンドウが表示されます。「検索する文字列」に「931」を入力して「次を検索」ボタンを押すと9:31のセルが選択されます。

キャプチャ
図5:検索と置換

「検索と置換」ウィンドウはもう使いませんので「閉じる」ボタンをクリックして閉じておきます。

行見出し文字の「963」をクリックして行全体を選択して、「Ctrl」キーと「Shift」キーを押したまま「↓」キーを押すと最終行まで選択できます。

行見出し文字の位置で右クリックして「削除」を選択してバッサリと行を削除します。行を削除することで、先ほど作成した歩み値のチャートにも反映されます。

キャプチャ
図6:削除後の歩み値チャート

これをお好みに合わせてお化粧していきます。

キャプチャ
図7:お化粧後の歩み値チャート


歩み値チャートは証券会社のトレードツールでも表示できますが、過去の特定区間の歩み値チャートというのはなかなか対応していないと思います。

でも、自分で作れば自由につくれます。

今回の4042 東ソー 2017/2/24の値動きも、歩み値チャートを確認することで、決して寄りから成り行き売りの注文が入ったのではないということがわかります。

また、すべての約定データがありますので、少しややこしくなりますが1分足を作成することもできます。

データが多くなりますのであまり常用したくはありませんが、詳しく知りたいときにはこんな方法もあるというのを覚えておくと少し幸せになれるかもしれません。


Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告