08
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ジャスダック平均が20営業日連騰しています

キャプチャ
図1:日経ジャスダック平均株価日足6か月チャート

大型株が伸び悩んでいるのもお構いなしに、ジャスダック平均が20営業日連続で上昇しています。


図1は日経ジャスダック平均株価の日足6か月チャートです。この6か月間ほぼ一本調子に上昇を続けています。

すさまじいチャートです。

大型株から小型株へ資金が流れているのかと思って、東証規模別株価指数を調べてみました。

キャプチャ
図2:日経ジャスダック平均株価と東証規模別株価指数2017年の推移

確かに今は上から「小型」「中型」「大型」の順に並んでいますが、JASDAQ平均の値動きとは明らかに異なっています。


ということで、「日経ジャスダック平均株価」と「東証規模別株価指数小型株」と「東証マザーズCore指数」で比較してみます。

キャプチャ
図3:ジャスダック平均と東証小型株指数と東証マザーズ指数2017年推移

マザーズとジャスダックは年初からの動きは異なりますが、年初に対する水準は一致しています。やはり今年は新興市場が元気なようです。


20連騰ってのは穏やかじゃありません。過去には21連騰ってのがあるようですが、まあ。JASDAQってのは構成銘柄も入れ替わるだろから、あまり過去を調べてもしょうがないのかもしれません。

でも、どうやら東証1部市場から新興市場にある程度の資金が流れているというのは言えそうです。

とはいっても、東証1部とJASDAQとでは市場規模が異なります。昨日の売買代金は東証1部が約1兆8800億円に対して、JASDAQスタンダードが約420億円となっています。

JASDAQだけが上昇しても、全体に占める割合は微々たるものです。ただ、JASDAQのような小型株は大人が手を出すと急激に動いてしまいますので、多くの場合は個人投資家が取引しているようです。

伸び悩んでいる大型株を尻目にちゃんと利益を上げている個人投資家がいるのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告