08
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スマホはいつまでたっても1日バッテリーが持たない?



スマホやモバイルPCのバッテリーって何で1日持たないのでしょうね。


--みょ 使い方が悪いみょ 外出先では省エネで使わないといけないみょ

んでも、モバイルバッテリーが売れていて、多くの人が毎日持ち歩いていることを考えると、やっぱり本体のバッテリーがへなちょこだと思うのです。

もちろん、容量を増やせばそれだけ本体サイズは大きくなるし、重くなるし価格も上昇します。でも、ユーザーが別にモバイルバッテリーを用意していつも持ち歩くのだったら、その分本体に入れてくれたほうが嬉しいと思います。


--みょ 難しいんだみょ

ん? 技術的問題は少ないはずです。同じバッテリーをもう一つ乗せてもいいのです。

たぶん、企画段階では1日持つと考えられているのではないかと思うのです。

寝ている間に満充電して、朝起きてから外出中ガシガシ使って帰宅するまでバッテリーが持たないというのは持ち歩いて使う商品としてあり得ないと思うのです。

いや。スタート時点でバッテリーが持たないということだと商品企画姿勢を疑います。


もきち♪も昔は開発設計者でした。最初はちゃんとした商品企画でも、その後の変化でとんでもない商品になってしまうことがあり得ます。

例えばコストだったり、デザインだったり、競合他社の新製品だったりで、当初の目論見が崩れてしまうのです。

スマホだったら、既存製品のバッテリーをそのまま使えという要求が来たり、より高速なCPUや当初よりも画面サイズを大きくするとかで消費電力が上がったり、デザイン上予定していたサイズのバッテリーが使えなかったりです。


もうね。バッテリーメーカーにもっと小型で大容量のバッテリーを開発してもらうしかないのかもしれません。

スマホなどで使われているリチウムイオン電池の大手は、韓国の「サムソンSDI」とか三洋電機の電池事業を買収した「6752 パナソニック」とかになります。

でも、電池メーカーは素材を作っていませんので、小型大容量を実現するためには、構成材料としての「正極材」、「負極材」、「セパレータ」、「電解液」、「バインダー」の開発が必要になってくると思います。

だとすると化学業界です。青色LEDの日亜化学工業とか、「4217 日立化成」とか、「3407旭化成」とか、「4208 宇部興産」とか、「4023 クレハ」とかに頑張ってもらうしかないのかもしれません。

いや。もちろん、他の企業からとんでもない技術が出て市場を塗り替えてしまうかもしれません。


リチウムイオン電池は、電気自動車などにも使われています。

個人的にはスマホやモバイルパソコンが1日ガシガシ使えればいいのですが、電池メーカーにすればスマホやパソコン用の電池でちまちま稼ぐよりも、自動車用などの大型電池で稼ぐほうが効率がいいと思います。

大きなお金が動けば、技術開発に大きなお金をかけても採算が取れます。

今さらリチウム電池もないかもしれませんが、電気自動車の普及ペースによってはもう一段階の伸びもあるのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告