10
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ドル円相場と日経平均

キャプチャ
図1:直近6か月のドル円レートと日経平均株価 散布図

ドル円相場がなんだか騒がしくなっています。


円高ドル安が進んでいる割には日経平均が底堅いと思います。

と言っても思っているだけじゃ勘違いかもしれませんので、以前確認したドル円レートと日経平均株価の散布図を確認したのが図1です。

6か月の近似線よりも上にある時はドル円レートに対して日経平均が強くて、下にあれば弱いということになります。

ここのところ6か月の線形近似よりも上で推移しています。また、近似線に比べて傾きが小さくなっていますので、円高ドル安が進んでいる割に日経平均株価は底堅いと言えます。


ドル円レートと近似式から求めた日経平均と実際の日経平均とを比較してみました。

キャプチャ
図2:日経平均とドル円から線形近似で算出した日経平均との6か月推移

前回も書いたように、1次近似式ですので、ドル円相場の縦位置を合わせてスケールを合わせたものです。いわゆる日経平均とドル円の相対チャートです。

図2を見ると、ここ2か月ほどはドル円に対して日経平均が強い相場が続いています。


念のためにドル円チャートを確認します。

キャプチャ
図3:ドル円日足6か月チャート

基本的に図2の近似式のラインと同じ形です。

前回の記事では、ダブルボトムを形成したと書きましたが、直後に反落してボトムを抜けて下がってきました。難しいものです。


日本株はドル円相場によって大きく動きます。でも、日本株を動かす要因は為替だけではありません。

理屈ではわかっていても、実際に確認してみると為替以外の要因もはっきりと見えてきます。

とは言ってもやっぱり円高ドル安だと日経平均も上昇できません。しばらくはドル円相場に「ほどほどに」注意したほうがいいのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告