10
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

設定画面を簡単に立ち上げる

キャプチャ
図1:Windows10の設定画面

Windows10で「設定」を使う場面が結構あります。


昔のWindowsだと「コントロールパネル」ですべての設定を行っていましたが、Windows8から、「設定」画面が追加されました。

--みょ コントロールパネルってごちゃごちゃしてわかりにくいみょ

うん。でも、コントロールパネルだけで設定するというのはわかりやすかったと思うのです。

「設定」画面の見た目はシンプルですが、設定によって「コントロールパネル」での設定が必要だったり、「設定」画面で設定したりします。はわかりやすくなったのか、かえってややこしくなったのかわかりません。


設定画面を起動するのに基本設定では2クリック必要になります。

Windowsロゴ(タスクバー左端の「田」みたいなマーク)をクリックして「設定」をクリックします。

キャプチャ
図2:設定の起動

でも、何度も繰り返すと結構面倒です。


そんな時に、一番手っ取り早いのがショートカットキーです。

「設定」ウィンドウのショートカットキーは「Windows」キー(スペースキーの3つぐらい左にある「田」みたいなキー)を押しながら「I」キーを押します。

たぶん一番早い方法だと思いますが、覚えていないと使えません。世の中に覚えておきたいことはたくさんあります。とてもずっと覚えていられない。

次に使いたいときには確実に忘れています。


「設定」もショートカットが作れます。Windowsロゴをクリックして、「設定」で右クリックすると「スタート画面にピン留めする」というメニューが出てきます。

--みょ んでもスタート画面にはもともと「設定」があるから無意味だみょ

うん。ショートカットを作ればおっきくなります。でも、その下に「その他」ってメニューもあります。「その他」を選択すると「タスクバーにピン留めする」ってメニューが出てきます。

これを選択すればタスクバーに「設定」アイコンが追加されます。ワンクリックで起動できます。

キャプチャ
図3:タスクバーに追加された「設定」アイコン


「設定」画面は簡単に立ち上がるようになりましたが、特定のメニューをよく使うときがあります。

もきち♪だと、Bluetoothの設定画面。単なるオンオフじゃなくて設定画面。そんな時には特定メニューをスタート画面にピン留めすることができます。

ピン留めしたいメニューで右クリックして「スタート画面にピン留め」を選択するだけです。

キャプチャ
図4:メニューのスタート画面にピン留め

「ピン留めしますか」って念を押されたら「はい」って答えるだけです。

キャプチャ
図5:スタート画面にピン留めされたBluetooth設定画面


ショートカットキーって便利なのですが、なかなか覚えきれません。世の中にはもっと覚えなきゃいけない事柄がたくさんあります。

本当に頻繁に使う作業ならば覚えたほうがいいのですが、そこそこ使う程度なら直接起動できるショートカットアイコンを配置しておく程度が良いのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告