08
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今さら聞けない 逆日歩

キャプチャ
出所:日本証券金融株式会社 品貸料について 品貸日数が3日となる例

明日(2017年3月28日)は3月期決算企業の配当権利付き最終売買日です。


配当金だけだったらいいのですが、株主優待が絡んでくるからややこしくなります。株主優待権利も多くの場合配当金と同じ日に確定するのです。

--みょ 株主優待って株主さんへの感謝の気持ちだから一緒だみょ

うん。現物株式だけならいっしょなのですが、信用取引が絡んできます。

配当金は信用取引でも同様に扱われます。配当金は現物株主にしか支払われませんが、それでは信用取引との整合性が取れませんので、信用買い方には配当金に相当する「配当調整金」が支払われます。

--んじゃ 信用買いと信用売りを持ってれば儲かるみょ

いや。「配当調整金」は信用売り方から徴収しますので、チャラです。

--んじゃ ややこしくないみょ

いえ。それが、株主優待が絡むとややこしいのです。株主優待は現物株主にだけ権利があります。信用売り方から信用買い方にお米10kgを送ってもらうわけにはいかないのです。


そこで、明日のように権利付き最終取引日の寄りなどで、現物の買いと、同じ価格の信用売りのポジションを作っておけば、配当金はプラマイゼロですが、株主優待権利だけはもらえます。

翌日に現物株式で信用売りポジションを「現渡し」などで清算すれば、価格下落リスクもありません。手数料だけで株主優待が手に入ります。

--みょ 焼肉の優待さがすみょ

うん。でも、この手数料ってのが曲者です。


信用売りポジションを立てるために必要な費用は、「売買手数料」「貸株料(売方金利)」「品貸料(逆日歩)」となります。

このうち、売買手数料と貸株料ってのは一般的な費用です。問題は品貸料(逆日歩)です。

信用売りってのは、胴元(日本証券金融株式会社など)から株を借りて、借り物の株をうっぱらうってことです。普通に考えたらとんでもないことです。

この信用売りが増えてくると、借りる株がなくなってしまいます。

証券会社が独自にやっている「一般信用」の場合は「売り切れました」って受付を終了します。

でも、日本証券金融株式会社が一般に行っている「制度信用」の場合は受け付けた注文分は無理してでも調達してきます。普段よりも高額の調達コストで大株主から株を借ります。

その、いつもよりも高額になった調達コストは信用売り方に負担してねってのが「逆日歩」です。


この逆日歩ってのが、必要なのか不要なのか、必要だとしたらいくらになるのか事前にわからないのです。

トップ画像の「品貸日数の計算方法」がちょうど今回の権利確定日をまたいだ取引となります。明日3月28日火曜日に信用売りポジションを持って、胴元に株が足りなくなった場合には逆日歩が発生することが決まります。

金額は、翌営業日の水曜日に入札を行った結果で初めて決まります。実際にポジションを持ってみないとわからないのです。

とは言っても、上限は決まっています。

キャプチャ
出所:日本証券金融株式会社 株式 最高料率早見表(1日・1株当り)

ざっくり言って、売買単位金額の1万円未満を切り上げて、0.2%を掛けた値で、最低上限が1株1円となります。現在は売買単位が100株の銘柄と1000株の銘柄がありますので、売買単位が1000株の銘柄の最低上限は1売買単位当たり1000円となります。

--みょ 上限が決まっているのなら心の準備ができるみょ

いえ。これは通常料金です。旅行代金だって繁忙期には特別料金で高くなります。逆日歩も明日は特別料金です。

キャプチャ
出所:日本証券金融株式会社 品貸料について 最高料率

つまり、明日優待銘柄で逆日歩が発生すると最高料率は通常の4倍となるということです。

--みょ 大変だみょ

うん。でも、それだけではなくて、今回の権利付き最終取引日は火曜日です。トップ画像にあるように、権利が確定する3月31日が金曜日ですので、逆日歩が発生すると土日を含めた3日分です。


明日逆日歩が発生すると、最高料率は普段の4倍で、3日分となります。つまり、通常時に比べて最高12倍の逆日歩がありうるということです。

もちろん通常の手数料は必ず必要になります。優待の価値によっては通常の手数料もばかになりません。そこに逆日歩が付いたりしたら大赤字となってしまうこともあり得ます。

ということで、今回優待クロス取引をする場合は、いつも以上に注意が必要だと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告