08
24
25
26
27
28
29
30
31
   

会員登録とかしなくても相場関連データがダウンロードできるありがたいサイト その3

キャプチャ
出所:CME Group FedWatch Tool

その2」までで国内株式と外国株式のデータがダウンロードできるサイトをリストアップしました。


限月別のFF金利先物価格から、マーケットが金利引き上げをどの程度織り込んでいるかを計算しています。

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所:Chicago Mercantile Exchange)から計算方法と各FOMCごとに計算したマーケットが織り込んでいる利上げ確率が公表されています。

◆CME Group FedWatch Tool

とは言ってもダウンロードできるデータはありません。今回「ダウンロードできるサイト」をリストアップしていますが、ここはコピペで使うことになります。

棒グラフ右にある表をコピーしてエクセルなどの表計算ソフトに貼り付けて使います。

キャプチャ
出所:同上

エクセルなどに貼り付けてしまえばこちらのものです。

キャプチャ
図1:6月FOMCでの利上げ確率

マーケットは6月のFOMCまでの利上げを半分以上織り込んでいるようです。


利上げ確率の下にはFOMCメンバーの政策金利見通しである「ドットチャート」も表示されています。

キャプチャ
出所:同上

--みょ ダウンロードからずれてるみょ

うん。でもこんなところにありますよってことで。


ということで「その4」で日本政府や日銀のデータを確認します。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告