06
25
26
27
28
29
30
   

トレードステーションを使ってみる その5 EasyLanguage

キャプチャ
図1:トレードステーション 1本移動平均線のEasyLanguage 開発環境画面

その4」までで、Tradestation(トレードステーション)の基本的操作を確認しました。


でも、トレードステーションの醍醐味は開発環境(EasyLanguage)にあります。

トレードステーションの開発環境にはEasyLanguageエディタとコマンドなどの予約語の辞書とエラーチェック機能などが装備されています。

この開発環境だけでEasyLanguageの開発が可能です。また、開発環境はトレードステーション本体を起動しなくても単独で起動することが可能です。

通常のデスクトッププログラムですから、タスクバーにショートカットを配置することも可能です。

キャプチャ
図2タスクバーのショートカット


EasyLanguage」はEasyとは付いていますが、Languageです。言語なのです。

移動平均線を1本引こうとすると図1のようになります。

--みょ 無理!!

もちろん。マニュアルは完備されています。172ページ。結構盛りだくさんです。

--むにゅ やっぱり無理!!!

予約語の辞書もありますが、基本的に英語で書かれていますので、結構手ごわいです。

--ぷしゅぅ 絶対無理!!!!

ざっくり使ってみた感じでは、プログラム言語に慣れている人なら抵抗なく扱えます。でも、今までプログラム言語になじみがなくてエクセルとかでもややこしい関数を使ったことがない人には少しハードルが高いのかもしれません。

とは言っても、やはりマーケット用の言語ですので、テクニカル指標やストラテジー(アルゴリズム)を表現するための予約語が豊富です。例えば「終値」なら「Close」だけで指定できます。楽ちんです。


今までもきち♪はエクセルで指標やバックテストを表現してきました。

同じ指標を表現するのにEasyLanguageとエクセルとどちらが楽かと考えると、やっぱり使い慣れたエクセルのほうが楽です。

例えば移動平均線を1本引くのなら、「=AVERAGE(平均する期間の終値)」ってなもんです。お行儀よく書いても「=IF(ROW()>平均する期間,AVERAGE(OFFSET(その日の終値,,平均する期間)),NA())で表現できます。

--うに エクセルでがんばるみょ

ただ、アルゴリズムやバックテストとなると、EasyLanguageのほうが楽です。

エクセルで条件を指定して、元手の資産内で買いとか売りを実行して損益を計算するのは結構大変です。ましてや、足の途中で執行するのは不可能です。

例えば日足のボックス相場で下限にタッチした時に買いを入れて上限にタッチした時に売りを入れると考えた場合に、エクセルでは日中の動きで判断することができません。そもそもデータがないのです。EasyLanguageなら日中の売買が可能になります。


EasyLanguageは少しとっつきにくいかもしれませんが、基本的な指標やストラテジーは標準で用意されています。標準で用意されている指標やストラテジーを編集して使うことも可能です。

まずは、標準で用意されているものを「少しだけ」変更してみるということから始めてみるのがいいかと思います。

Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告