08
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

海外投資家と個人投資家の売買動向

キャプチャ
図1:投資主体別週間売買動向(百万円)

日本の株式市場では売買金額の約6割が海外投資家の資金です。海外投資家の売買動向は気になります。


海外投資家の売買動向は、日本取引所グループ(JPX)の投資部門別売買状況で公表されています。

図1は投資主体別の週間売買動向から海外投資家と日本の個人投資家の売買動向を1年間分並べたものです。

図1を見ると、7週連続で売り越していた海外投資家が2週連続で買い越しています。

--みょ 売りから買いにかわったみょ

うん。どうやら、トランプラリーで大幅に買いポジションを膨らませた海外投資家が買いポジションの解消を終えたように見えます。


誰かが売れば買う相手が必要です。海外投資家が売れば相手となる買い手が必要です。

図1を見ると、少なくともこの1年では海外投資家が売れば個人投資家が買って、海外投資家が買えば個人投資家が売っています。

海外投資家の相手はいたいけな国内の個人投資家なのです。

だとすると、損益が気になります。

キャプチャ
図2:図1に終値チャートを追加

図1に終値を追加してみました。

--みょ 海外投資家が買うと上がって売ると下がっているみょ

うん。何しろ海外投資家は売買代金の6割を占めているのです。

そして、恐ろしいことに、海外投資家が買って上昇していくときに売っているのは個人投資家なのです。

損益は計算するまでもないのかもしれません。


海外投資家は順張りで個人投資家は逆張りのようです。そして、この1年では海外投資家のほうが有利だったように見えます。

常にそうなのかはわかりませんが、大口に逆らってもなかなか勝ちは期待できません。

以前「海外投資家の売買状況を調べてみた」で確認したように、寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況を確認したほうがいいのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告