06
26
27
28
29
30
   

パソコン価格が上昇しているときにはメーカー直販がねらい目?

キャプチャ
図1:お安めのノートPCスペック表

以前「Windows Vistaのサポート終了とパソコン価格の上昇」で見たように、「Windows Vistaのサポート終了特需」と思われるパソコン価格の上昇が続いています。


このタイミングで娘が「パソコンが欲しい」と言い出しました。よりによってこのパソコン価格が高止まりしているタイミングです。

一応。今はパソコン相場が高止まりしていて購入時期としては不利なことを話して、いいものがなければしばらく待つという前提で一応調べてみました。

娘はこの4月に就職しましたので、就職祝いという位置づけです。


調べてみると、量販店での価格はやはりどれも上昇しています。まだまだ下がる気配がありません。

いくらお祝いだと言っても割高なパソコンを買ったのではめでたくありません。

しばらく待つことになるのかと思って調べていたら、DELLのBTO(受注生産:Build To Order)モデルが「週末キャンペーンで15,000円引き」となっていました。

いや。他のメーカー直販モデルも上昇こそしていませんが、キャンペーンを実施しているメーカーは少ないのです。


BTOモデルは、細かなスペック変更が可能で、スペックを設定して注文が確定してからスペックに合わせて生産します。

余分なスペックにお金を払う必要がありません。ただ、その代償として、同じモデルでも構成が異なりますのでリストアが少しだけ手間がかかります。

--みょ 自作パソコンみたいなもの?

いえ。ベースのモデルが決まっていますので、自分で組み立てるよりも自由度は低くなります。その代わりに選択できる組み合わせでの動作確認がされていると思いますので、トラブルは少なくなります。


まあ。DELLはBTOが主力ですので、シリアルナンバーがわかっていれば購入した構成でのサポートやリストア手順がすぐに閲覧できます。

DELLのパソコンは、昔システム管理業務をしていた時に100台単位で購入していますし、何度もリストアしましたので、このあたりは慣れたものです。

ただ、BTOだからか、DELLだからか、国内メーカーに比べると信頼性は落ちます。初期不良もありますし、壊れやすい。

--みょ 壊れるといやだみょ

うん。その代りサポートはちゃんとしています。以前仕事で購入していた時は、必ず3年間翌日オンサイト保証を付けていました。「壊れたみょ」って電話すると、翌日修理に来てくれました。

まあ。お嫁さんも娘もパソコンはそこまでクリティカルに使っていませんし、いざとなったらもきち♪のパソコンを使えますので、保証はそこそこにしておきました。

結局。CPUがCore i3-6006Uで、メモリーが4GB(後で増設可能)のNew Inspiron 15 3000を35,280円で発注しました。

一応。もきち♪のサブPCとメインPCの間ぐらいのスペックに収まったと思っています。


市場価格が上昇しているときにパソコンを購入する場合には、メーカー直販はねらい目なのかもしれません。

できれば信頼性の高い国内メーカーのパソコンを買いたかったのですが、スペックとコストで探すとDELLになってしまいました。

娘とお嫁さんは仲良く一緒に使うとのことですので、お嫁さんのPCはデータを移したらPC-UNIXマシンとして復活させるつもりでいます。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告