10
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

自動運転車に対する一考察

キャプチャ

自動車の運転は好きです。自動運転車ってのはあまり魅力を感じません。


でも、長い渋滞や、切り返さないと止められない狭い駐車場に駐車するときには自動運転車が欲しくなります。

もしも渋滞や駐車だけ自動になれば、マニュアルシフト車でパワーステアリングが付いていなくてもいいぐらいです。むしろそのほうが運転を楽しめる。

そして、ガイドが表示されてその場所に止める自動駐車や、渋滞時に前の車に一定の距離を開けて付いていくといったことは、技術的にも容易だと思います。

また、それだったらドライバーが運転できる状態で乗っているわけですから、いつでもブレーキを掛けられる状態を義務付けて、もしも事故が起きたときには運転者の責任ということにすれば法律的にも認められやすいと思います。


日本政府などは、自動化の度合によって自動運転車を4つのレベルに定義しています。

例えば、高速道路で一定の速度を保つ「クルーズコントロール」に、車線に合わせてある程度のハンドル操作を行ってくれる「ステアリングアシスト」を組み合わせたものは「レベル2」と定義されています。

--みょ テレビで見たことがあるみょ

うん。「レベル2」までは市販されています。


「レベル3」では車が多くの操作をしてくれますが、緊急時などはあくまでもドライバーが対応することが求められます。まだ市販されていないようですが、ここまでは事故などが起きたときにはドライバーの責任と決められています。

渋滞時の自動運転や自動駐車はこの「レベル3」に相当すると考えられます。そして、技術的には達成できているようです。法律的にも「あくまでもドライバーが全責任を持つ」ということなら発売できるのではないかと思っています。

ドライバーの操作が不要な自動運転車は「レベル4」となります。たぶんこのレベルはいろいろと難しいと思います。

以前。筒井康隆だったか星新一だったかのSFに、高速道路まではドライバーが運転して、高速道路に入ったら自動運転にしてハンドルをしまってプラモデルだかパズルだかを始めるという記述があったように思います。

高速道路に限らず、あるいはすべての車線ではなくて、「自動運転専用レーン」を作れば今の技術で可能だと思います。法律的に責任問題はややこしそうですが。


ただ、自動運転には大きな問題があります。自動部分が増えればネットワークに接続する必要が出てきます。工事中やメンテナンスによる道路情報をリアルタイムで取得する必要がありますし、車同士も通信できたほうが便利です。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)ということになるかと思います。

電子機器(コンピュータ)が通信すれば、悪意の第三者による攻撃の可能性が出てきます。クライムハッキングです。

自動運転車のコントロールを完全に奪えれば、どこかにぶつけることも、崖からダイブさせることも、特定の場所に誘導することも可能です。

法規制ではどうにもなりません。技術的に防ぐしかないのです。そして、「レベル4」の自動運転車が普及してからだと莫大な費用が必要になるかもしれません。


「レベル2」までの自動運転車はすでに販売されています。そして、各社が「レベル3」の自動運転車を発売するときも近いと思います。

思うに、「レベル3」までは「便利になった」ということで受け入れられやすいと思います。技術的にも法律的にもハードルは低いと思います。

でも、「レベル4」となると少し様子が変わってくると思います。技術的には可能だと言われていますが、それは「限定的な条件」だったり、「善意の社会」の中でのことだと思います。

もしも自分が自動運転車の開発者だったとしたら、「レベル3」まではニコニコしながら開発できそうですが、「レベル4」となると躊躇して慎重になると思います。

「レベル4」と言われている、完全な自動運転車が普及するのはまだまだ先の話だと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告