06
25
26
27
28
29
30
   

4月の米雇用統計(2017/5/5発表)

キャプチャ
図1:4月の米雇用統計(2017/5/5発表)

4月の米雇用統計が発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率が4.40%、前年に対する平均時給は2.50%のプラス、先月に対する平均時給は0.30%のプラス、「非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)」は21万1千人の増加となっています。

事前予想に対して、失業率と非農業部門雇用者数の増加は良くて、平均時給は予想に少し届かなかったということかと思います。

とは言っても、3月の非農業部門雇用者数は下方修正されて7万9千人ですので、雇用者数の増加は想定以上で、全体的には非常に強い内容だったと思います。


1年間の非農業部門雇用者数の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数1年推移と3か月移動平均

--みょ 3カ月平均よりも多いみょ

うん。今回強かったことでマーケットは一安心ですが、3月の速報値が下方修正されたことが少し心配です。

マーケットは単月の数字よりも3カ月平均を重視しているようです。5月時点で3カ月平均は17万人増となっています。


雇用統計が強かったことで、アメリカの利上げ観測が高まっています。

CME FedWatchによると、雇用統計発表前に73.8%だった6月のFOMCでの利上げ確率が、発表後には78.5%にまで上昇しています。

6月のFOMCは12日と13日に開催されます。でも、その前の6月2日には5月分の雇用統計が発表されます。FOMCでは5月分の雇用統計を見ながら相談することになります。

そして、3カ月移動平均が重視されます。3月の非農業部門雇用者数は7万9千人増に下方修正されたのです。

3月修正値と4月速報値を足すと29万人増です。今の3カ月平均17万人増を維持しようとすると、5月分では22万人増となる必要があります。22万人増というと昨年9月以来達成できていません。

つまり、6月2日発表の雇用統計で昨年9月以来の22万人増を達成できなければ3カ月平均が17万人増を割り込むということです。

もちろん。17万人増を割り込んだからと言って直ちに利上げが先送りされるということではありませんが、状況によっては利上げが見送られるかもしれません。


今回発表された雇用統計は強いものでしたが、3月分の下方修正値が気になります。

そして、4月速報値も修正されるかもしれません。3月分がもう一度修正されることもあります。

今はマーケットでは6月のFOMCで利上げされることを織り込んでいるようですが、5月分の雇用統計速報値次第では利上げが見送られる可能性もあると思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告