08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

インデックスファンドとアクティブファンド

株式投資に学歴は関係ない!!で見たように、証券会社には東大を卒業してハーバードやスタンフォードのビジネススクールでMBAを取得して、年収何千万円という条件で採用された人材がたくさんいます。その人たちが「ファンドマネージャ」として顧客から預かった莫大な資金を運用しているのです。

ファンドは大きく分けて「インデックスファンド」と「アクティブファンド」があります。

「インデックスファンド」は日経平均とかダウ工業株30種平均とかの指数(ベンチマーク)と連動するように投資するファンドです。指数の計算比率になるように個別銘柄を購入したり、そうやって購入された大きな資金のファンド(マザーファンド)を購入したりします。インデックスファンドでは指数との連動性が重要になります。比率に従って機械的に売買していますので、ファンドの手数料は格安です。

「アクティブファンド」は「ファンドマネージャ」が売買を繰り返して指数(ベンチマーク)を上回る運用成績を上げることを目的としています。運用成績の良さがファンドマネージャの腕の見せ所です。ファンドマネージャに高い報酬を支払っていますから、手数料はお高くなります。

そしてファンドマネージャはハーバードのMBAなのです。運用成績が良ければ顧客からの資金も集まってファンドマネージャの年収もどんどん上昇します。運用成績がすべてなのです。

ところが、アクティブファンドの手数料も考慮した運用成績を長い目で見ると、9割はインデックスファンドに負けているというのです。スタンフォードのMBAがあらゆる分析を行ってあらゆる情報を加味して売買している運用成績が、手数料を考慮しているとはいえ指数の比率に従って機械的に売買しているインデックスファンドに負けているのです。

ハーバードやスタンフォードのMBAが相場を張ってもインデックスファンドに勝てないのです。儲けられないファンドマネージャは顧客からのお金を集められませんので首になります。ハーバードやスタンフォードのMBAが首です。何しろ学歴は関係ないのです。そして今もファンドマネージャを続けている人はそうやって生き残ってきた人たちなのです。ツワモノです。

もきち♪家のコタツの上のパソコンモニターの向こうにはそんなツワモノが棲んでいるのです。心してかからないとすぐにやられてしまうのです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告