09
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Windows8シリーズ(RTは除きます)が使いにくいとお嘆きのあなたへ

Windows8シリーズを初めて触った時はショックでした。もきち♪が知っているwindowsじゃない。何から躾けていいのかわからない。それでも何とか特別なアプリをインストールせずに使い方を模索しました。

Windows8.1が出て、そしてwindows8.1updateと進んでいくうちに、どんどんwindowsになってきました。今はもうwindowsそのものです。悪名高きスタートアップ画面はしばらく拝んでいません。windows8.1updateはちょっと躾けてやれば、みんながよく知っているwindowsなのです。

windows8シリーズにはまだ食わず嫌いの人がいるみたいですので、使う前に必要なポイントをご紹介します。

※RTは除きます。あれはきっと別物です。

1.windows8.1updateまでバージョンアップする

まずwindows8.1updateまでバージョンアップします。windows8シリーズなら無料でバージョンアップ可能ですので、バージョンアップします。それだけで、ほら、タスクバーにウィンドウズボタンが復活しています。このボタンは右クリックして利用します。間違ってもクリックしてはいけません。間違えてクリックするとまた悪名高き(ペナルティ?)画面が立ち上がってしまいます。

シャットダウンだってできます。当たり前のように聞こえてwindows8シリーズでは画期的なことです。びっくりです。

キャプチャ

2.ログイン後の画面をデスクトップに指定する

タスクバーの何もないところで右クリックしてプロパティを開きます。

キャプチャ

「ナビゲーション」タブの「サインイン時または・・・(中略)・・・デスクトップに移動する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

無題

ログイン後の画面がデスクトップになりました。でも、このままだとアプリを立ち上げるときに悪名高き(ペナルティ?)画面を見ないといけません。そこで、

3.プログラムフォルダーのショートカットをスタート画面に配置する

プログラムのショートカットがまとめられているフォルダーのショートカットをデスクトップに配置します。悪名高き画面もここを参照していますので、全く同じ内容です。プログラムを立ち上げるときはここをダブルクリックすることになります。

フルパスは「システムドライブ(通常はC)→ProgramData→Microsoft→Windows→スタートメニュー→プログラム」です。

キャプチャ

ショートカットの作り方はいろいろあります。どの方法でもいいのですが、右ドラッグが便利で常用しています。

フォルダパスの左にある上矢印で一度上のフォルダに移って、目的のフォルダ(プログラム)を右クリックでデスクトップの配置したい位置までドラッグして離します。オプションの選択肢がポップアップしますので、「ショートカットをここに作成」を選択します。

キャプチャ

これで使い慣れたwindowsになりました。

2015.07.18 追記

3のショートカットを作成する「ProgramData」はデフォルトでは隠しフォルダですね。表示するには、エクスプローラの「表示」タブから「隠しファイル」にチェックを入れます。

キャプチャ
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告