10
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今さら聞けない レギュラトリー・サンドボックス

キャプチャ
出所:首相官邸 平成29年5月12日 未来投資会議

砂場で山を作って、トンネルを掘ろうと思っても、途中で崩れてしまってなかなか完成しません。でも、砂場ならすぐにやり直せます。


サンドボックス(砂場:sandbox)」って言葉を耳にします。

コンピュータセキュリティー関連では以前から耳にすることがありました。あやしいサイトやアプリを、本来のシステムから隔離した「サンドボックス」で実行して、よからぬ動きがあってもシステムへの影響を防ごうというからくりです。

ここにきて「レギュラトリー・サンドボックス(RS:Regulatory sandbox)」ってのを聞くようになりました。レギュラトリー(規制:Regulatory)の砂場です。

新しい技術や仕組みは、今までの規制の中ではなかなか育ちません。そこで、今までの規制を気にせずに実験が行えるような「砂場」を用意して、その中での様子を見ながら規制を考え直そうという制度です。

今までの規制ではできない実験を行うのですから、「砂場」の外では「違法行為」なのです。一言でいうと、「限定的な無法地帯」を作ろうということです。

安倍総理は、今年初め(2017/2/21)に自動運転やドローンに対して「レギュラトリー・サンドボックス」制度を導入する意向を表明して、分科会で議論を進めています。


2017年5月12日の第8回未来投資会議後に安倍総理大臣がフィンテック分野などにも「日本版レギュラトリー・サンドボックス」の枠組みを創設すると発言しました。

そもそもレギュラトリー・サンドボックスは、2016年5月にイギリスでフィンテック分野での「通常の金融規制の影響を直ちに受けることなく、革新的な商品やサービスなどをテストできる環境」として導入されています。

日本でも、規制に縛られていてはフィンテックは発展しないとの考えから、砂場の検討に踏み切ったのだと思います。


自動運転やドローンのサンドボックスは、地域や時間を限定することができますから、規制を凍結することは比較的容易だと思います。

例えば、時間を区切って限られた高速道路のみで完全自動運転(レベル4)を許可するってのは現実味があります。

でも、フィンテックとなると、地域の限定が難しいし、現実のお金が絡んできます。子供銀行券やゲーム内のお金(ねこあつめのにぼしとか)とはわけが違います。

これから具体的な検討が進んでくると思いますが、成り行きには注目しておいたほうがよさそうです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告