10
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「インスタ映え」はマーケティングを変えるのか?

キャプチャ
出所:Google Play Instagram

インスタ映え」って単語を聞くようになりました。


写真や動画を公開してシェアできるSNS(social networking service)「インスタグラム(Instagram)」に写真をアップしたときに、「イイね」や「コメント」をもらいやすいことを「インスタ映え」なんて言います。

もっとも、別にみんながみんなインスタグラムにアップするわけではなくて、ツイッターやFacebookやmixiなどのSNSにアップする場合でも「インスタ映え」と言っているようです。

いや。「SNS映え」ってのもありますが、それだと物語も含んでいそうで、写真や動画に限るとやっぱり「インスタ映え」のようです。


この「インスタ映え」で有名になった場所や、メニューや、製品が出てきています。

有名なのは、原宿セントヴァレンタイン教会のハートの壁ではないかと思います。

キャプチャ
出所:Houseof st.Valentine @_stValentine_ のツイート

「インスタ映え」するとのことで有名になったことから、「インスタ映え」の紹介で取り上げられることも多いと思います。

そのほかにも、インスタ映えする「場所」「建物」「壁」「スイーツ」「デカ盛り」はては「家電」までインスタ映えです。


今までも、SNSで紹介しやすいようなメニューなどはありましたが、インスタ映えで集客が見込めるということが浸透して、「インスタ映え」を狙ったマーケティングが普及してきているように思います。

いや。別にインスタグラムでなくてもいいのです。むしろ、ターゲットとする顧客がアクティブユーザーとなっているSNSにアップしてもらえばいいのです。

そして、自分もSNSでアップしたくなるような仕掛けを用意しておく。SNS映えすれば、アップしようとする顧客が増えるのです。

「インスタ映えマーケティング」です。

今後。もっとSNS映えを意識した製品やサービスが増えてくるのかもしれません。


このブログで使う画像は、ほとんどが画面キャプチャです。Webサイトや、エクセル表示や、たまにはスキャンデータのキャプチャです。

でも、時にはデジカメデータを使うこともあります。もきち♪のブログとはいえ、世界に発信する画像なのですから、写真を撮るときにはそれなりに気を使っているつもりです。

インスタグラムなどのSNSも、広く世界に公開するわけですから、写真の撮りやすさというのも必要なのかもしれません。

特に、インスタグラムでは画面が正方形ですので、長いものは撮影のさせ方を考えないと、長ーいソフトクリームのバックに知らないおじさんが映り込んでいるなんてことになりかねません。

サービスや商品を開発する段階から、SNSへアップされる写真を考慮したマーケティングというのが必要なのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告