08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

7月の米雇用統計速報値(2017/8/4発表)

キャプチャ
図1:7月の米雇用統計速報値(2017/8/4発表)

7月の米雇用統計速報値が発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想通り0.1%好転して4.3%、前年に対する平均時給は事前予想の2.4%を0.1%上回って2.5%、先月に対する平均時給は事前予想通りの0.3%、そして、「非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)」は事前予想を大きく上回る20.9万人増となりました。

5月と6月の速報値も、それぞれ14.5万人と23.1万人に上方修正されています。3か月移動平均も19.5万人と好調の目安とされる18万人を上回っています。

--みょ 予想以上だみょ

うん。アメリカの雇用環境は被雇用者にとって好調な状態が続いていると言っていいと思います。


1年間の非農業部門雇用者数の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数1年推移と3か月移動平均

増加が続いています。とは言っても、雇用者数は増加し続けるということはありません。求職者は有限なのです。アメリカで失業率が5%を切っているというのは完全雇用と言われています。このまま増加し続けるというのは難しいのかもしれません。

でも、失業率が5%を切っていても雇用者数の増加が続いているということはやっぱり被雇用者有利な状態が続いているということです。


好調な雇用統計の発表を受けて、マーケットがアメリカの利上げについてどう考えているのかが気になります。

CME FedWatchによると、フェデラルファンド(FF)金利先物から算出した9月のFOMCでの利上げ確率は、前日の5.5%から1.4%に低下しています。

それに対して、12月のFOMCでの利上げ確率は46.8%から48%に上昇しています。

つまり、9月の利上げはないけど、今年中の利上げはあるかもねって思っているのです。

どうやら、9月は利上げよりもバランスシートの削減に傾いているということのようです。


今回の発表を受けて、ダウは66.71ドル高と大きな動きはありませんでした。

ただ、ドル・円相場は窓を開けて大きくドル高・円安に動いて、一時は1円ほどドル高・円安方向に動きました。その後60銭安まで戻してきましたが、ダウに比べると大きな動きです。

日経平均先物も大証夜間取引で20,050円と日経平均終値に対して97.67円高くなっています。どうやら今回の雇用統計はアメリカよりも日本市場に影響が大きかったようです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告