08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Bitcoinが分裂した後の仮想通貨

キャプチャ
図1:仮想通貨の時価総額(上位30通貨)

ビットコインが分裂して、「Bitcoin」の他に「Bitcoin Cash」が生まれました。


Bitcoin Cashは、本流から外れてマイナー(採掘者)の都合で生まれた仮想通貨で、異端児だと思っています。

ビットコインでは10分に1度行われるマイニング(採掘:取引を確定させる)も、Bitcoin Cashでは、数十時間必要かもしれないなどと言われています。

でも、生まれてしまいました。そして、各取引所では高額を付けました。決して無視できないのかもしれません。


ところで、仮想通貨って何種類ぐらいあるのか気になります。

ということで、調べてみましたが、確認できただけで1034種類。とてもすべてを把握できません。

そこで、時価総額を調べてみましたが、確認できたのが805種類。そこで、上位30通貨を並べてみたのが図1です。

上位5通貨は、Bitcoin、Ethereum、Ripple、Bitcoin Cash、Litecoinとなっています。

--みょ Bitcoin Cashも4位に入っているみょ

うん。現在は4位に入っているようです。でも、まだまだ生まれたばかりですから、大化けするのか消えていくのかわかりません。


Bitcoinだけでもどうなるのかわからないのに、確認できただけで1034種類あります。

Bitcoinは実際に使えるリアル店舗もありますから、市民権を得てきたのかと思いますが、1034種類となるとちょっと付き合い方がわかりません。

ひよこ投資家™としては、時価総額上位5種類ぐらいをチェックしておくぐらいがいいのかと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告