10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

東証2部株価指数が伸びています

キャプチャ
図1:株価指数比較 日足1年

日経平均株価やTOPIXが伸び悩んでいるのを尻目に東証2部株価指数が順調に上昇しています。


以前「日経平均よりもTOPIXの上昇が勝っています」で取り上げたように、日経平均株価よりもTOPIXの方が強い状態が続いています。

日経平均株価は日本を代表する225社の平均株価ですので、大企業の平均です。それに対して、TOPIXは東証1部上場銘柄すべての株価を表す指数ですので、TOPIXの方が小型株の影響が大きくなります。

--みょ んでも東証1部に上場しているってことは大企業だみょ

うん。でも、日経平均採用銘柄に比べれば小ぶりな銘柄も含まれています。

つまり、日経平均株価よりもTOPIXの方が強いということは、大型株よりも小型株の方が強いということです。


TOPIXは東証1部に上場している全銘柄から求めた指数です。

東証には1部以外にも2部、マザーズ、JASDAQなどの市場があります。1部よりも小型の銘柄が上場されています。

ということで、日経平均株価とTOPIXと東証2部株価指数を比較したのが図1です。

図1を見ると、日経平均株価やTOPIXが失速を始めた昨年12月から、東証2部株価指数との乖離が目立っています。

トランプラリーによる上昇が一服したところで、東証2部は一服せずにそのまま上昇したようです。


日経平均とTOPIXの乖離はNT倍率で確認できます。

同様に、日経平均株価を東証2部株価指数で割ってみます。

キャプチャ
図2:日経平均東証2部倍率

--みょ ずっと下落しているみょ

うん。ずっと下落していますが、昨年12月から勢いを増して下落しています。

下落するということは、東証2部株価指数が強くなっているということです。


感覚的には小型株が強いと思っていましたが、比較してみるとよくわかります。

今は大型株に対して小型株の方が強いのです。

一般には、大型株は海外の機関投資家が売買して、小型株は国内の個人投資家が売買していると言われています。

とは言っても、東証2部の時価総額はたかが知れていますので、日本株全体を見た場合には大型株の傾向に左右されます。

ただ、ちゃんと上昇している銘柄もあるということは言えるかと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告