09
24
25
26
27
28
29
30
   

日経平均株価収益率(PERに相当)が14倍を切ってきたけど

キャプチャ
図1:日経平均と収益率(PER)日足2年チャート

何やら北の方が気になるのか、日経平均が伸び悩んでいます。


個別銘柄だと、PERやPBRなどで割高割安を調べます。

本来日経平均は株価指数ですので、PERとかPBRとかってのはピンときません。でも、やっぱり業績に対する適正水準ってのは気になります。

そこで、日経平均株価の計算式に個々の銘柄の業績を当てはめて便宜的に日経平均のPERやPBRを求めて評価しているようです。

ということで、日経平均株価のPERを求めてみたのが図1です。


PER(株価収益率:Price Earnings Ratio)は、株価を1株当たり純利益で割って求めます。純利益の何倍まで買われているかを調べています。利益に対する倍率ですので、低い方が割安です。

指標といっても、割高割安の絶対値が決まっているわけではありません。例えば長期金利や景気状況や業種によって大きく変わりますし、増益が続いている企業だと当然高めになります。

一般には15倍から20倍に収まっていると居心地がいいようです。

PERが20倍ということは、年利5%になります。(20/1=100/5)

同様にPER15倍は6.67%に相当します。このあたりが居心地がいいようです。


個別銘柄だと1株当たり利益というのはほとんど変わりません。決算短信は四半期ごとの発表ですし、業績の修正も頻繁にあるわけではありません。また、発行済み株式数も大きくは変動しません。

つまり、PERの推移はほとんど株価推移に一致します。でも、それが225社となると、ほとんど毎日何らかの情報が開示されます。1株当たり利益がほぼ毎日変動するのです。

ということで、日経平均株価の推移とPERの推移に乖離が生じてきます。


今は日経平均株価に対してPERが乖離しています。

PERが低くなっているということは、1株利益に対して日経平均株価が割安に放置されているということです。

日経平均採用銘柄が好決算を発表しているのに、日経平均株価が2万円の水準から大きく上昇できていないのです。PERは14倍割れです。年利7.14%に相当します。

--みょ 割安だみょ いっぱい買うみょ

うん。でも、北の方から何やらややこしいものが飛んできたときにどうなるのか判断できなくて、大人たちもリスクを取れないのだと思います。ひよこ投資家™はなおさらリスクは取りにくいのです。

もちろん個別も同じです。日経平均採用銘柄は全体的にPERが低いということですので、個別でPERが低いからと言って割安とは言えないということです。


日経平均は、次の四半期7-9月期に業績が伸びないのではないかというのを織り込んでいるのかもしれません。

でも、やっぱりPERが14倍を切るというのは少し行き過ぎのような気もします。15倍で計算すると21000円で17倍だと24000円だったりするわけですが、業績の方が落ちてくるのかもしれません。

ただ、株価指標の水準は意識しておいた方がいいと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告