07
25
26
27
28
29
30
31
   

エクセルで損益をつけよう その4 行を削除してもエラーが出ないようなセルの参照方法

その3で証券会社の口座ごとの損益を入力しました。項目見出しを入力しておきます。

キャプチャ

このままだと各営業日での変化がわかりません。営業日ごとの評価額を入力します。あくまでも仮の数字です。軍資金は上の行を参照します。ここで、上のセルをそのまま参照(相対参照)してしまうと、行を挿入したり削除したりしたときにトラブルが発生します。試しにやってみます。

※おすすめできない方法です。

キャプチャ

数式をコピーします。一見良さそうです。

キャプチャ

ここで、6月3日の行を削除してみます。

キャプチャ

参照すべきデータが消えてしまいましたので、エラーが出ます。挿入はどうでしょう。

キャプチャ

一見良さそうですので、挿入のほうが厄介です。ここで、カブドットコム証券の軍資金を50万円出金したとします。

キャプチャ

下の行に反映できません。行の挿入や削除を行った時に数式をコピーしなおして修正すれば良いのですが、並べ替えたりすると、もうわけがわからなくなります。

そこで、上のセルを参照するときに「常に一つ上のセルを参照する」ように指定します。

ここでは「OFFSET」関数を利用します。

※おすすめの方法です。

入力したいセルを選択して、入力窓の左にある「fx」をクリックします。「関数の分類」で「検索/行列」を選択します。「関数の検索」窓に直接「offset」と入力して「検索開始」ボタンをクリックしても出てきます。「関数名」で「OFFSET」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

キャプチャ

「関数の引数」ウィンドウで「参照」を入力しているセルをクリックして指定します。「行数」には一つ上を示す「-1」を、「列数」には同じ列を示す「0」を入力します。「高さ」と「幅」は省略できます。指定したら「OK」ボタンをクリックします。

キャプチャ

必要なセルにコピペします。見た目は先ほどの相対セルと変わりません。

キャプチャ

でも、行を削除しても挿入してもソートしてもエラーは出ません。

キャプチャ

行の挿入と削除を元に戻してその5に続きます。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告