11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今さら聞けない 無形固定資産

キャプチャ

例えば、東芝<6502>が半導体メモリー部門(東芝メモリー)を売却して債務超過を解消するってなんだか変だと思うのです。


いや。これでももきち♪は中小企業診断士試験に合格しています。言っていることはわかります。

半導体メモリー部門は毎年利益を出しているから、資産の帳簿価格(簿価)よりも高く売れて、売却益(のれん代)が出ることで、債務超過が解消されるのです。

確かにおっしゃる通りです。でも、その後東芝<6502>が東芝メモリーを買い戻したらどうなるでしょう。


--みょ 元の木阿弥だみょ 債務超過だみょ

そうでしょうか。売却代金は約2兆円と言われています。それに対して、東芝<6502>の2017年6月30日時点の固定資産は約6,570億円となっています。

目一杯多めに見積もって、半分が半導体メモリー部門の資産で、その他もろもろ目一杯詰め込んでも東芝メモリーの資産は高々5,000億円程度だと考えられます。

残りの1.5兆円は「のれん代」です。購入した企業の損益計算書には2兆円で5千億円の資産と1.5兆円ののれんを買ったということで帳尻が合います。貸借対照表にも1.5兆円の「のれん」が計上されます。


そこで、東芝<6502>が売却代金をそっくりそのまま使って東芝メモリーを買い戻したらどうでしょう。

--みょ のれんが付いてくるみょ

うん。2兆円で5千億円の資産と1.5兆円の「のれん」を購入します。損益計算書も貸借対照表も購入した企業と同様の処理になります。今年度末の債務超過想定額は約5000億円ですので、いつの間にか約1兆円の資産超過になっています。

つまり、そのままだと債務超過になるところが、一度誰かに売却してそのまま買い戻すと債務超過が解消しているということになります。


--みゅっ! なんかインチキだみょ きっとダメだみょ!

う~ん。確かに納得はできないけれど、からくり上はそうなると思うのです。

納得できない原因は、貸借対照表の制度に問題があると思います。いや。貸借対照表はよくできているのですが、「無形固定資産」がうまく計上できていないのではないかと思うのです。

以前から、特許や本当に先進的な技術力や従業員のノウハウと言ったものの評価が低いと思っていました。低いというか、ほとんど計上されていないと思います。

本来2兆円の価値がある東芝メモリーなのに、貸借対照表に2兆円では計上できないのです。一度売却して初めて価値が確定するのです。おかしな話です。売却しなくても価値は変わらないはずです。

「知的財産権」ってのも確立しているようで確立できていません。例えば特許。研究開発を続けてやっと特許申請しても、その時点では登録されるかどうかわかりません。そしてその価値もその時点では確定しません。無形固定資産に計上しにくいのです。

でも、費用はどんどん出ていきます。だったら、毎年費用計上したほうが簡単だし、わかりやすいのです。

そういった積み重ねが1.5兆円なのです。

--みょ だったら1.5兆円を計上すればいいみょ

う~ん。でも、勝手に「のれん」を計上することは禁じられています。妥当性が担保できないのです。一度売却すれば「市場価格」が決まります。


別に東芝メモリーだけの問題ではないのです。製造業なら特許や技術者、小売業ならブランドや仕入れルート、すべての会社でノウハウと言った、貸借対照表に計上されていない資産というのがあります。

一度売却しないと価値が計上されないというのはとっても悲しいと思うのです。だからと言ってちゃんとした計上方法と言われるとノーアイデアなのですが。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告