11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

100万円の半分はいくら? プロスペクト理論

43504fc907a8171fb66039f02a0f2ec5_s.jpg
図1:百万円

百万円の半分っていくらでしょう。


--みょ 唐突だみょ 百万円の半分は50万円だみょ

うん。100万円÷2は50万円です。でも、半分と言ったときに本当にいつも2分の1と考えていいのでしょうか。

例えば、お金がもらえるとします。もらえるお金は以下のうちどちらかを選べます。

1.必ず50万円がもらえる
2.サイコロを振って、奇数なら100万円もらえて、偶数なら一銭ももらえない いかさまは全くできない


--うに まったくもらえないのは嫌だから1で50万円もらうみょ 焼肉いくみょ

期待値はどちらも50万円で一緒です。百万円の2分の1です。


では、1でもらえるのが50万円ではなくて、45万円だとどうでしょう。

--みゅぅ んでも焼肉いけなくなるのは困るから45万円で我慢するみょ

期待値は1が45万円で、2が50万円ですので2のほうが有利なのです。でも、確実にもらえる45万円を選ぶ人は少なくありません。

では、40万円ならどうでしょう。

--うにぃ 40万円だと大分損するみょ んでも焼肉行きたいみょ 迷うみょ


迷うというのは、この条件に限って言えば、2分の1の確率でもらえる百万円と、必ずもらえる40万円とが同じような価値に見えるということです。期待値では8割の価値しかないのにです。

改めて問題です「百万円の半分はいくらでしょう」。

--むに だんだんわからなくなってきたみょ

うん。仮に百万円だと冷静に期待値通りの判断できたとして、10億円だとどうでしょう。100億円なら?逆に1,000円だったら?100円なら?判断が変わってくるかもしれません。

人の感じる価値というのは数字よりもちょっとだけ複雑なのです。


これらを学術的に研究したのが「プロスペクト理論」です。

プロスペクト理論では、上の例も、もらえるのではなくて借金がある場合に借金を免除するケースだと結果が逆なると言われています。


投資で考えると、利食いが早くて損切りが遅くなるというのが「プロスペクト理論」で説明できてしまいます。

評価益が出ると、この先上昇して利益が上乗せされる期待よりも、下落してせっかくの評価益が逆に評価損になってしまう恐れの方が大きくなる場合があるのです。

評価損の場合はこの先下落して評価損が膨らむ恐れよりも、上昇して評価損が評価益に変わる期待の方が大きくなる傾向があるのです。

人の経済行動は数字通りではありません。これらの経済と心理学を分析するのが「行動経済学」で今年のノーベル経済学賞だったりするようです。

もう少し勉強してみようと思っています。行動経済学。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告