11
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

家庭内乱? 家庭内LAN?

キャプチャ
図1:Brother iPrint&Scan スクリーンショット抜粋

ということで、お嫁さんのスマホ計画も無事終了したと思っていました。でも、お嫁さんは手ごわいのです。


お嫁さんがスマホを見ながら一言つぶやきました。この画面って印刷できる?

いや。考えたこともなかった。もきち♪はPCを使っていても印刷するのは年賀状ぐらい。FAX複合機を持っていますが、使うのはスキャナーぐらいでほとんど印刷しません。ましてや、スマホから印刷しようと思ったことはありませんでした。

でも、FAX複合機はネットワークにつながっているし、同じネットワークのwi-fiでスマホを運用しています。つまり、スマホもプリンターも同じ家庭内LANにつながっています。


同じネットワークにつながっているのですから、プリントドライバがあれば印刷できます。もきち♪家のFAX複合機はブラザー工業(6448)製です。

ということで、Google Playで「brother」で検索すると「Brother iPrint&Scan」というそれっぽいアプリが見つかりました。

キャプチャ
図2:Google PlayのBrother iPrint&Scan

ちなみにキヤノン(7751)やエプソン(6724)のアプリもありました。


ダウンロードしてインストールすると、ネットワーク内にあるFAX複合機を自動で検索してくれて、指定すると「プリント」と「スキャン」のアイコンが表示されました。

--みょ スキャンもできるみょ

うん。スマホからスキャンすることも可能です。PCが立ち上がっていない時は便利なのかもしれません。

ただ、一つ難点はスマホからの印刷はデフォルトが写真印刷のようで、初期設定だと印刷条件が「光沢紙 L判 ふちなし」に設定されています。用途に合わせて明示的に変更したほうがいいのかもしれません。

画面の印刷ですので、3本指のスライドでスクリーンショットをとれるように設定して、スクリーンショットからプリントまでの手順をレクチャーして「この画面って印刷できる?」クエストの終了です。

ということで、家庭内LANを使って家庭内乱を回避したということでした。

HUAWEI nova lite 2 奮闘中 その4 ~050 IP電話から緊急電話を使おう~

キャプチャ
図1:警察署と消防署のGoogle検索結果

ということで、050plusを使っています。思ったよりも快適です。

その3までで初期印象を書いてきました。今回はある程度使ってみてIP電話の印象です。


IP電話の欠点は、大きく分けて次の3点だと思います。

1.通話品質が悪い
2.遅延が発生する
3.かけられない電話がある

使う前は一応これらを心配していました。いや。もきち♪はいいのです。問題はお嫁さん。お嫁さんにもあらかじめ説明はしましたが、どうも値段にばかり興味がいっているようでした。

ということで、もきち♪なりに検証してみました。


まずは通話品質と遅延ですが、通話品質はデジタルですから電波が届いていれば品質そのものは問題ないはずです。品質が悪いとしたら端末の処理の問題です。

それでも通話品質が悪いというのは細かな遅延を通話品質問題と誤解しているのではないかと思います。インターネットを使った通話(VoIP)では音声を毎秒50パケットとかに分割してやり取りしています。ここで少しでも遅延が発生すると通話音質が悪いということになります。

--みょ 途中が少し遅れるって変だみょ

うん。パケットにはチェックディジットなどのエラーチェックの仕組みが備わっています。送ったデータと受け取ったデータが完全に同じでないと送り直しになります。電波状態が悪かったりすると、途中のパケットが欠落して送り直しがあると遅延が発生します。

途中のパケットに遅延が発生すると通話品質が悪いということになるのです。つまり、通話品質と遅延は同じ問題の場合が少ないくないと思っています。

ということで遅延に注意して使っていましたが、少なくとも電波状態が良好な環境ではどうやら問題なさそうです。いや。結局LINEは早々にあきらめています。


問題は、IP電話からはかけられない電話があるということ。事前に調べたところではフリーダイヤルと緊急電話への発信ができないということでした。

でも、どうやら0120から始まるフリーダイヤルのうち、多くは050からも発信できるようです。まあ。かけてみないとわからないというなかなか刺激的な状態ではありますが、だめならあきらめて普通の電話番号に電話するということになります。

そして、緊急電話。こちらは無理です。緊急電話で発信することはできません。とはいっても、そもそも緊急電話をどれだけ使うかということになります。

--みょ んでももしもの時に頼りになるのが緊急電話だみょ

う~ん。でも、そもそも周りに誰かいればその人に連絡してもらえばいいのですし、それもだめなら普通に電話すればいいのです。

緊急電話用に近くの警察署や消防署を表示してタップで電話が掛けられるアプリもありますが、それよりも、普通に「警察署」とか「消防署」でググって、一覧から電話アイコンをタップすれば電話が掛けられます。「OK Google 消防署」ってなもんです。


ということで、IP電話だけで運用しようと考えています。当初は毒を食らわば皿まででLINEも利用する予定でしたが、こちらはもきち♪との相性がよろしくないようで、早々にあきらめました。

一応6か月の縛りがありますので、6か月間だけは通常の電話番号を持っていますが、使わずに乗り切ってデータ専用SIMで運用しようと思っています。

貧民スマホ道はまだまだ続きます。

HUAWEI nova lite 2 奮闘中 その3 ~貧民にはありがたい付属品~

キャプチャ
図1:液晶保護フィルム

ということで、貧民スマホHUAWEI nova lite 2 奮闘中です。このスマホは本体価格がなんやかんやで3,800円(税別)とお安くて貧民スマホといえます。そして、ありがたいことに付属品が充実しているのです。


やっとスマホが届きましたで書いたように、本体と充電器のほかに、ハードケースとイヤホンマイクと画面には保護フィルムまで貼り付けてあります。

キャプチャ
図2:開梱状態


画面の保護フィルムは輸送中の画面保護のためですって言い訳は書かれていますが、実にしっかりしています。

表面ガラスのふちのほうはRが取られていますので、保護フィルムは平面部分のみでふちから少し離れていますが、それを気にしなければしっかり実用に耐えられそうです。

画面は狭額縁(ベゼルレス)ですから、保護フィルムのふちが画面表示にかかりますが、図1のようにほとんど気になりません。

自分で貼って変にずれるよりもちゃんとしています。ありがたい。


ハードケースも純正品だけあってピッタリです。ピッタリすぎて外すのに苦労するほどです。

--みょ 外す必要はないみょ

うん。ケースに入っていると唯一SIMとmicroSDのトレイが引き出せません。使う場合にはケースを外す必要がありますが、これが壊れそうで結構怖いのです。

スイッチやコネクタなどの部分は大きく切りかかれていますが、保護という意味では十分です。

このスマホはカメラ部分が少しだけ出っ張っていますが、ケースをつけるとそれもしっかりと保護されます。付属品なのですから、ケースをつける前提で作られているのかもしれません。


イヤホンマイクもついていますが、これはちょっともきち♪の耳に合いませんので、使わないと思います。

いや。でも。イヤホンジャックがついていますので、耳に合うインカムを使うことができます。ありがたい。

何しろ、画面保護フィルムとハードケースがついていますので、貧民スマホとしては非常にありがたい。下手をするとこの2つで3,800円してしまいます。

ということも含めてお安いスマホだと思っています。

ということで、使ってみた印象をその4以降に書いてみたいと思っています。


フリック入力をね 練習しています。

フリック
図1:スマートフォンでのフリック入力

フリック入力って苦手なのです。とはいっても、スマホだとフリック入力ができないと何かと不便です。


ということで、フリック入力の練習アプリで練習を始めました。一応。評判がよさそうなフリック入力で文字の早打ち練習!タイピングの神様を利用しています。

もちろん。まだ固まることや空振りやタッチミスが頻発しています。

ただ、徐々にですがスピードアップしています。

--みょ 本当に徐々にだみょ それにばらつきが大きいみょ

うん。一度固まったりミスをすると大きな時間ロスが発生します。


図1が先ほど記録したNew Recordです。

--みゅぅ 1分間に43.78文字って言われてもどれぐらいのスピードかわからないみょ

うん。パソコンでのキー入力と比較してみます。パソコンではFlashタイピング 【寿司打 - SushiDA -】を使いました。

キャプチャ
図2:パソコンでのキー入力

--むにゅぅ こっちは秒単位だみょ

うん。それにローマ字入力ですので、そのままでは比較できません。まず分に直すと、198文字です。ローマ字入力の2文字がひらがな1文字だとすると1分間にひらがなは99文字入力できるということになります。

パソコンのほうが約2.3倍速いということになります。

--みょ キーボード歴が長いからだみょ

いや。寿司打の結果を見ると、1万円払って9,020円分しかお寿司が食べられなかったのですから、キー入力も遅いのです。やっぱりフリック入力がとてつもなく遅いということかと思います。


フリック入力はこれからまた練習して、少なくともキーボードの半分以上は入力できるようにしたいと思っています。

というか、キーボード入力が遅いというのは記事を書くスピードに効いてきます。死活問題ですので少なくとも寿司打で損をしないように精進を続けたいと思います。

なんだかキーボード入力に問題が見つかるという顛末で少し困っているもきち♪君でした。

HUAWEI nova lite 2 奮闘中 その2 ~実践 ネット電話~

キャプチャ
図1:050 plus 起動画面

ということで、HUAWEI nova lite 2 奮闘中です。その1でスクリーンショットと認証が便利になってるねってことが確認できました。


ということで、今回のテーマは貧民スマホです。月額基本料を極力抑えたいということで、ネット電話を活用することにしています。

とは言っても、フリーで仕事をしている大人が「固定電話しかありません」では何かと問題がありそうなので、「050 plus」を活用しようと考えています。というか、契約しました。

今は大人の事情で090の番号を持っていますが、「050 plus」で6か月運用してみて問題がなければ090は解約するつもりです。

お嫁さんも「050 plus」を契約しましたので、お嫁さんとの通話は無料です。

娘は契約していませんので、LINEなるものを利用する予定です。いやだけど。skypeを却下されたから仕方がない。


ネット電話ってのは電話ではなくて、インターネットで音声データをやり取りしていますので、からくり上どうしても遅延が発生します。まあ。通話に遅延がなくても、もともともきち♪の反応に遅延がありますので、問題ないと思っています。

ということで、「050 plus」から固定電話、携帯電話、「050 plus」へと通話してみました。フレッツ光を利用しているwi-fiルータのすぐそばだというのもあるかもしれませんが、気になるような遅延はありません。

LINEで外出中の家族とも話してみましたが、気になる遅延はありません。

通信状況がそれなりだったら遅延は気にならないレベルなのかもしれません。


ということで、ネット電話の貧民レベルが気になります。

まず、基本料金は月額300円(税別)ですが、OCN モバイル ONEとまとめると月額150円(税別)です。お嫁さんと2人で300円(税別)です。

これで固定電話や携帯電話など一般の電話からの電話を受けることができます。お安い。

もちろん。インターネット回線を使うのですから、ネット回線が必要です。これが、データ専用SIMでも大丈夫ですからOCN モバイル ONEだと最低月額900円(税別)です。ただ、これも光回線でOCNを利用していると5回線まで200円引きです。

さらに、2回線目を1回線目の「容量シェア」回線とすると月額400円(税別)です。この場合も「050 plus」は150円です。

ということで、ユニバーサルサービス料を考えてもお嫁さんと2回線で月額約1520円です。安い。貧民レベルはかなり高いと言えます。


携帯電話への発信相手が業者さんでしたので4分以上話しましたので、今のところ通話3件で121円利用しています。

050 plusはお安くなったよって自慢してきます。まあ。比較対象がXiですから、ちょっとあれですが、355円お得になったということです。

キャプチャ
図2:おトク額情報

--みょ ほとんど月額基本料と同じぐらいつかっているみょ 貧民じゃないみょ

うん。もう少し貧民レベルを上げる必要がありそうです。


えっと。また何かありましたらその3があるのかもしれません。


プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告