07
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Google検索とBing検索

キャプチャ
図1:Bingで「もきちのきもち」を検索

ということで、どこまでGoogleから離れられるか検討しています。


パソコンでの脱 Google で一番問題になるのは「検索エンジン」だと思います。検索することを「ググる」というほどGoogle検索が一般的になっていると思います。

--みょ gooとかYahooとかを使えばいいんだみょ

う~ん。どちらもGoogleの「検索エンジン」を使っています。入り口は違っても、中身はGoogleです。これらを使っていると、脱 Google とは言えないかもしれません。


メジャーな検索サイトで、Googleの検索エンジンを使っていないものというと「Bing検索」が考えられます。

Windowsを使っているのですから、ビルゲイツに頼るのがいいのかもしれません。でも、これがちょっともきち♪との相性が良くないのです。

--みょ ずっとググってきたからなじんでないだけだみょ

う~ん。Bingだと「もきちのきもち」で検索しても図1のようにこのブログがヒットしません。いや。ビルゲイツに嫌われているわけではないと思うのです。「FISCOソーシャルレポーター」として書いた記事はちゃんとヒットします。

ブログランキングサイトで取り上げてもらった内容もヒットします。でもブログは上位にヒットしないのです。ちょっと寂しい。


Google検索だと上位にトップページが表示されます。

キャプチャ
図2:Googleで「もきちのきもち」を検索

--みゅぅ お得意様だからそんたくされているだけだみょ

うん。Googleの忖度は有名ですが、いろいろな環境でググってみても同じ結果です。これが忖度なら立派なものです。


Googleの本丸はGoogle検索だといえそうですが、脱Googleを考える上での本当のネックはまだほかにあるのかもしれません。

Googleには他にもマップだったり、Googleカレンダーだったり、Google翻訳だったりと便利な機能があります。

ましてや、スマホやタブレットで脱Googleを考えると、ジョブスに頼るしかないのかもしれません。

まあ。どこまでいけるかの検証ということで、いろいろやってみようと思っています。

脱Googleは可能か?

キャプチャ
図1:Firefox

ニュースで、GoogleがEUから独禁法で怒られたってのをやっていました。


なんでも、制裁金が50億ドルだそうです。でも、それだけじゃなくて、スマホにAndroid OSを搭載するときにデフォルトでGoogle ChromeとGoogleアプリをインストールするよう強制しているのがけしからんということです。

Googleの時価総額は8400億ドルですので、制裁金の50億ドルというのは痛いけど痛くはないかもしれません。

それよりも問題はOSにブラウザをデフォルトにできないことなのかもしれません。

--みょ OSとブラウザのセットってなんだか聞いたことがあるみょ

うん。ビルゲイツもWindowsとIEは切り離せないといって、もめていました。


もともとGoogleは検索で普及しました。Google以前はGooとかYahooとかを利用していましたが、今ではすっかりGoogleです。

検索だけならよかったのでしょうが、ブラウザだとか、アフィリエイトサービスだとか、OSだとかで頑張りすぎたのかもしれません。

もきち♪もすっかりGoogleに頼り切っています。もうね。急にGoogleが使えなくなったら困ってしまいます。

--みょ 急に使えなくなることはないみょ

いえ。Googleはサービスを目一杯広げていますので、突然サービスをやめることもあるのです。

もきち♪が以前便利に使っていた「iGoogle」はサービスが終了しています。まだ代替が見つからずに困っています。

Googleカレンダーも微妙にフェードアウトする動きが見えます。困ったものです。


ということで、なんだかGoogle依存度を少しずつ下げていったほうがいいのかもしれません。

とはいっても、Google検索を使わないというのはちょっと難易度が高い。まずはPCで常用しているブラウザをGoogleChromeから何かに乗り換えようと思ったのです。

WindowsPCですので、EdgeとかIEを颯爽と使いこなせればいいのでしょうが、もきち♪はどうも相性が良くないようで、なかなかうまく使いこなせません。

ということで、Firefoxを使ってみようと思ったのです。


この記事はFirefoxで書いていますが、さすがにまだなじんでいません。過去に設定した内容はFirefoxアカウントに保存してあって、それなりにカスタマイズしてあるのですが、さすがに使い込んだGoogleChromeのようにはいきません。

これから細かい設定を詰めていこうとは思っていますが、どこまで使いやすくできるのかは少し不安が残ります。

他にもブログのアクセスや検索ワード解析をGoogleに頼っていたりします。これも考え直さないといけません。

というような記事を書くとGoogle検索での表示順位が下がるのかもしれませんが、まあ。それも愛嬌なのかもしれません。

Windows標準のカレンダーが使えない理由

キャプチャ
図1:Windows10標準のカレンダーにGoogleカレンダーを同期

ということで、Googleカレンダーがタスクバーに追加できなくなったわけですが、ほかのカレンダーアプリではなかなか代用できません。


いやね。Windows10には標準でカレンダーアプリが付属しています。Googleカレンダーとの同期も取れるのです。もちろんタスクバーに登録することも可能ですし、見た目だって好きなように変更できます。

Googleカレンダーと同期して表示をそれなりに変更したのが図1です。

--みょ これでいいみょ 快適そうだみょ

うん。最初にここまで設定したときにはこれでいいと思ってしまいました。


ところが、Googleカレンダーで予定を変更して考えが甘かったことがわかりました。

ちっとも同期されない。

例えばAndroidタブレットで予定を変更してPCで細かな設定をするようなよくやる作業をしようとすると、Googleカレンダーとの同期がすぐに取られる必要があります。もちろん、同時に同期されるとは思っていません。もきち♪だって大人です。少しは待てます。

ところが、1時間たっても同期されない。こりゃぁだめだと思ってあきらめていると、忘れたころに同期されていたりします。

仕方がないので、手動で同期すると一応表示されます。

手動で同期するにはカレンダー右上の「・・・」をクリックして「同期」を選択します。

キャプチャ
図2:手動での同期


でも、起動したり変更したりした時に毎回手動で起動するのは面倒です。できれば設定で変更があったときにすぐに同期できるようにしたい。

ということで、同期の設定を変更してみます。歯車のようなピクトを選択して「アカウントの管理」をクリックします。

キャプチャ
図3:アカウントの管理

アカウントを指定して「連絡先とカレンダーの同期」を選択すると一応設定画面が表示されますが、設定できるのは最短でも15分となっています。ちょっと物足りない。

キャプチャ
図4:同期の設定

--みょ 15分って微妙だみょ

うん。同期頻度は低くてもいいから、カレンダーの起動時とかに同期してほしいものです。


結局。タスクバーにWindowsカレンダーを追加して、起動時に手動で同期するか、ブックマークバーにWeb版Googleカレンダーやジョルテを追加してブラウザでみるかという選択になりそうです。

やっぱりひと手間増えてしまいます。

--みょ ひと手間ぐらいいいみょ ケチっちゃダメだみょ

う~ん。でも毎回ですからばかになりません。ほかにもっといい方法がないか探してみます。

ついにChromeアプリからGoogleカレンダーが消えました

キャプチャ
図1:Google Chromeのアプリ画面

もきち♪はGoogleカレンダーを愛用しています。AndroidとWindowsでスケジュールが共用できて便利です。


2016年8月に「Windows、Mac、LinuxでChromeアプリを廃止する」とのアナウンスがあって、2017年末にはChromeウェブストアから「アプリ」が削除されていました。

でも、先日までChromeの「アプリ」画面には確かにGoogleカレンダーが存在していました。ところが、先週(?)クリーンインストールしていつものように「Googleカレンダー」をタスクバーに追加しようとしたら「アプリ」画面にGoogleカレンダーがない。アプリ画面で右クリックできないとタスクバーに追加できません。これは困った。


ほかのカレンダーへの乗り換えも考えましたが、今さら乗り換えられそうなカレンダーも簡単には見つかりません。

とりあえず、Googleのほかのサービスからリストを表示すればカレンダーのページも表示できます。

--みょ だったらそこで右クリックすればいいみょ

う~ん。あくまでもChromeの1ページとして表示されて、アプリのようには表示できないのです。

キャプチャ
図2:Googleカレンダー

仕方がないので、ページとして表示してブックマークバーに追加してしのいでいます。でもおしゃれじゃない。


ということで、ほかのChromeアプリも徐々に提供されなくなると思います。拡張機能は今後も提供されるとのことですし、Googleサイトから利用できるGmailとかGoogleドライブとかで困ることはなさそうです。

カレンダーの運用も含めてしばらく脱Chromeアプリ体制を整えたほうがよさそうです。

Windows標準のファイル検索を使ってみる

キャプチャ
図1:dataフォルダ内で「REIT」を検索

ふと。過去に自分が書いた「REIT」関連の記事を検索したくなりました。


ありがたいことに、このブログやFISCOさんのおかげでもきち♪が書いた記事の多くはインターネットで公開しています。ということで、「REIT もきち♪」でググってみました。

キャプチャ
図2:Google 「REIT もきち♪」での検索結果

ありがたいことに、もきち♪の記事がリストアップされます。懐かしい記事もあって、不覚にも小一時間思い出に浸ってしまいました。

--みょ 本筋から外れているみょ 思い出に浸っちゃいけないみょ

うん。でも、そもそも過去に自分で書いた記事を調べていたのだし、昔の記事を読み返すことで改善点も見えてきます。ある程度意味があることです。

ただ、お仕事で書いた記事には「もきち♪」名じゃないものもあります。「REIT」だけだとマーケットのえらいさんの記事ばかり抽出されますし、「もきち♪」を含めるともきち♪名で公開している記事しかリストアップできません。


ところで、Windowsには標準で特定のフォルダ内のファイルを検索する機能が備わっています。使い方も簡単です。ファイルエクスプローラの右上にある検索窓に検索したい文字を入力するだけです。

キャプチャ
図3:ファイルエクスプローラの検索窓

「data」フォルダで「REIT」を検索した結果が図1です。図1を見てわかるように、テキストファイルやメールファイル以外にも、Microsoft WordやMicrosoft ExcelやさらにはPDFファイルも検出できます。

中身を確認すると、確かに「REIT」が記載されています。ビルゲイツおそるべしです。

--みょ 全部のファイルを調べているみょ 大変だみょ

うん。いくら何でも検索するごとにビルゲイツがすべてのファイルを検索するわけにはいきません。Google検索などと一緒で、時間があるときにインデックスを作成しているのです。


調子に乗って「mokichi」で検索してみました。

キャプチャ
図4:dataフォルダ内で「mokichi」を検索

--みょ いっぱい出てきたみょ 全部だみょ

うん。ファイル内に「mokichi」の文字は使っていないのですが、プロパティを確認すると確かに「mokichi」が作成したファイルです。

キャプチャ
図5:抽出されたファイルのプロパティ

--みょ これじゃあ検索した意味がないみょ

うん。そんな時には「どこに」「mokichi」が含まれているのかを指定します。例えばファイル名に「mokichi」が含まれているファイルを検索するには「名前:mokichi」のように指定します。

キャプチャ
図6:「名前:mokichi」の検索結果


このように便利な標準機能ですが、限界もあります。

上にも書きましたが、暇なときにファイルのインデックスを作成しているのです。ビルゲイツが。

ですから、クリーンインストールしてバックアップからファイルをごっそりとリストアした時なんかではインデックス作成が追い付かなくてほとんど検索できません。「検索条件に一致する項目はありません」って出てきます。

やはり便利なものはある程度中身を知って上手に活用する必要がありそうです。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告