02
   

NYダウが史上最大の下げ幅を記録しました

キャプチャ
図1:ダウ5分足2日チャート(日本時間)

2018年2月5日のNYダウは史上最大の下げ幅となる1175.21ドル安で引けました。2営業日で1800ドル以上の下落です。


入手できた30年の日足で下げ幅の大きな順に並べてみました。

キャプチャ
図2:1988年2月6日以降のダウ下げ幅ランキング

--みょ 30年だともっと前に大きな下げがあったかもしれないみょ

う~ん。確かにそれ以上前のことはわかりませんが、直前の1987年10月19日にブラックマンデーと言われる大暴落が起こった時には、507.99ドル下落して1,738.74ドルとなりました。下げ率こそ22.61%と最大ですが、そもそもの価格が低いため、図2のランキングには影響ありません。


2番目の2008年9月はリーマンショックの時です。3番目の2008年10月もリーマンショックの影響だといえそうです。

4番目の2001年9月というのは痛ましいアメリカ同時多発テロ事件の直後です。

5番目6番目もリーマンショック後の下落です。


今回はリーマンショックも同時多発テロも起こっていません。原因となる大きな危機はありません。

--みょ 危機はないほうがいいみょ

うん。そうなのですが、将来下落幅を振り返った時に、最高の下落幅となる今回だけはっきりとした原因がわかりません。

--みょ んでもえらいさんがちゃんと解説してくれているみょ

う~ん。「雇用統計が良かったから利上げ警戒感が広がった」とか「FRB議長が交代するときには今までも下がっている」とか「上昇ピッチが急だったから一時的な調整」とか説明されています。

でも、そんなことは今まで何度もあったのだから、今回に限って最大の下げ幅とはならないと思うのです。


ひよこ投資家™としては、これだけの下落があったのに、マーケットのえらいさんがのんきに構えているのが心配だったりします。企業業績が良いのだから、すぐに上昇に転じるというのです。

でも、マーケットが総強気の時には上昇相場の終わりだと言われています。えらいさんの中にはやばいと思っていても公式には強気の態度をとっている人もいるかもしれません。

今日の日経平均株価も、14時現在で1400円以上の下落で推移しています。

しばらくするとこの時期を指して「何とかショック」と命名されているのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事






使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告