02
   

Kabu Berry Lab2の予習 ハウスドゥ

キャプチャ
図1:Kabu Berry Lab2

名古屋で開催されているゆるめの株式おしゃべり会「Kabu Berry」の少しだけ固めの試み「Kabu Berry Lab」第2弾が2月10に開催されます。


Kabu Berryは、10年以上続いている株式投資に興味がある人の集まりです。

名古屋で、3カ月に一度(メジャーSQの月)ゆるめに開催されています。

--みょ 2月はメジャーSQの月じゃないみょ

うん。前回から、企業の「IRセミナー」とおしゃべり会を一緒にした「Kabu Berry Lab」が開催されています。

通常のKabu Berryとは別建てで開催されます。


今回は「ハウスドゥ<3457>」の代表取締役社長 CEO安藤 正弘 氏によるIRセミナーが開催されます。

ということで、ざっくりと予習しています。

ハウスドゥ<3457>は東証1部に上場している不動産業です。

不動産売買仲介事業が基盤となっていますが、IR資料を見ると、売買仲介などの一時的なフロー収益事業からフランチャイズ事業などのストック収益事業にシフトしようとしています。


IR資料に記載されているストック収益事業は「フランチャイズ事業」「ハウス・リースバック事業」「不動産金融事業」となっています。

--みょ ハウス・リースバック?

うん。不動産を一度買い取って、期間を決めて元の所有者に賃貸するという事業です。自宅に住み続けたまま売却することができます。

--みゃ? リバースモーゲージってのを聞いたことがあるみょ

うん。リバースモーゲージは自宅を担保にした融資です。生きている間はきっと抵当権の設定だけで所有権の移動はありません。ハウス・リースバックは先に売却して、賃貸契約を結びます。所有権が完全に移動します。

ハウスドゥ<3457>ではどちらの事業も展開しています。これらの事業は、実際にリバースモーゲージの買取や、賃貸契約が終了してみないと、収支が確定しない息の長い事業だと思います。


IR資料を見ると2018年6月期計画では、売り上げ比ではストック収益事業が29.8%なのに対して、営業利益は68.6%とストック収益事業の利益率の高さが目立ちます。

特に、フランチャイズ事業での利益率が約61%と高くなっています。

--みょ フランチャイズ事業だけやればいいみょ

う~ん。でも、実績がないとフランチャイジーが集まらないかもしれません。

ですから、フランチャイズ事業だけでなく、ストック収益事業全体を伸ばそうとしているのかもしれません。

このあたりはIRセミナーで詳しく聞けると期待しています。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事






使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告