06
   

エクセルでチャートを描いてみよう その18

キャプチャ
図1:一目均衡表

改めてエクセルでチャートを描く手順を確認しています。その17で一目均衡表の形を整えました。


とはいっても、縦軸は「たまたま」調整できただけです。うまく調整できないときもありますし、この後の作業でまた崩れる恐れもあります。ということで、ちゃんと指定しておきたいと思います。

縦軸のメモリで右クリックして「軸の書式設定」を選択します。

キャプチャ
図2:縦軸の調整

「軸の書式設定」メニューの「最小値」と「最大値」を一目均衡表に合わせて入力します。

--みょ 今のままでいいみょ

う~ん。今は「自動」になっていますので、同じ数字でも入力したいと思います。

--みょ せっかくいい数字が入っているのに改めて入力するのは面倒だみょ

うん。「6000.0」となっている小数点以下の「0」を削除して「6000.」として「Enter」キーを押すだけでもいいのです。

キャプチャ
図3:軸の書式設定


続いて一目均衡表を仕上げていきます。まずは「雲土台」を「透明」に指定します。

「雲土台」の塗りつぶし部分で右クリックして「データ系列の書式設定」を選択します。

キャプチャ
図4:雲土台のデータ系列の書式設定

「データ系列の書式設定」で上部のインクバケツを傾けたような「塗りつぶしと線」のアイコンをクリックします。

「塗りつぶしと線」で「塗りつぶし」を「塗りつぶし(単色)」を選択して「透明度」の数字が入っている窓に100を入力するなどして透明度を100%にします。

キャプチャ
図5:雲土台を透明に

だんだん一目均衡表らしくなってきました。

キャプチャ
図6:雲土台を透明にした一目均衡表


一目均衡表らしくなってきましたので、このままその19でお化粧を施していきます。

--みょ ローソク足は?

うん。一目均衡表を仕上げてからローソク足を作成することとします。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告