12
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Webサイトはお気に入りも便利だけど、特定のジャンルはショートカットが便利。

キャプチャ
図1:もきちのきもち 株とコンピュータ編のショートカット作成

もきち♪はbookmarkとか、お気に入りってあまり上手に使えません。すぐにいっぱいになるし、ついついフォルダ階層が深くなってしまってほしいものがなかなか見つかりません。


例えば特定の個別銘柄に関連する資料を集めるとします。まずフォルダを作って、財務諸表をコピペしたエクセルファイルや、メモを書き込んだtxtファイルやワードファイルなどを詰め込みます。

そして、参考になるWebサイトはショートカットを作成して一緒に保存しておけば、常に最新の情報を閲覧することができるのです。

--みょ ブックマークでもいいみょ

うん。ブックマークだとWebブラウザ単位での管理となりますので、個別銘柄のサイトを登録しているとすぐにいっぱいになります。また、エクセルファイルと一緒に管理できません。


--みょ んでもショートカットを作るのって大変そうだみょ

いえ。もっとも簡単な方法は、Webブラウザを適当なサイズにして、アドレス左のアイコンをショートカットを作成したいところまでドラッグする方法です。

キャプチャ
図2:ドラッグしてショートカットを作成

--みょ お手軽でいいみょ

うん。でも、唯一の欠点が、Webブラウザを全画面表示で閲覧しているとショートカットを作成する場所がないことだと思っています。


そんな時にはChromeの機能でショートカットを作成します。

前回「【改訂版】Chromeアプリから消えたGoogleカレンダーをタスクバーに追加する」でも利用した、Chromeの「その他のツール」から作成します。

図1のように、Webサイトを表示して、右上にある縦に3つ点が並んだアイコンをクリックします。表示されたメニューから「その他のツール」を選択して「ショートカットを作成」をクリックします。

--みょ どこにできたの?

うん。デスクトップに作成されています。デスクトップにできたショートカットを目的のフォルダにドラッグアンドドロップで移動します。


ショートカットが便利だといっても、ブックマークにはブックマークの利点もあります。

また、エクセルなどの表計算ソフトにURLを羅列したり、リンクを追加したりするほうが扱いやすい場合もあります。

選択肢の一つとしてWebサイトのショートカットも便利だと思っています。

Googleフォトが便利なのです

キャプチャ
図1:Googleフォト

Googleフォトが便利です。最初は少し懐疑的でしたが、使ってみるともう手放せません。


Googleフォトは、いわゆるクラウドストレージの一種で、インターネット上に画像ファイルを保存して管理します。インターネットにつながればどんな端末からでもアクセスできます。

お友達との共有管理も自由です。何しろインターネットなのです。

そして、「高画質」なるGoogleお任せ圧縮を許せば無料で容量制限なく預かってくれます。Googleが。

--みょ んでもGoogleドライブだと容量制限があるみょ

うん。Googleのクラウドストレージ「Googleドライブ」だと容量制限があります。容量を追加するにはお布施を払わないといけません。

キャプチャ
図2:Googleドライブのアップグレードメニュー

でも、Googleフォトは「高画質」ならば容量を消費しないのです。

キャプチャ
図3:もきち♪のGoogleドライブ利用状況


はじめはすべてをアップロードしようとしていて使いにくいと思っていました。アクセスする端末すべてで、「削除」も同期してしまうのです。

使っていくうちに、明示的にアップロードする設定に変えたら、これが便利です。アクセスする端末それぞれで「削除」できますし、Googleフォトにアップロードしたファイルはどの端末からもアクセスできます。

スマホで撮影した写真を使ってパソコンでブログを描くといった作業が簡単になりました。今まではGoogleドライブに保存して同期を待って使っていましたが、ローカルから独立しているからレスポンスもいいのです。


また、フォルダの概念がありませんので、最初は使いにくさを感じていましたが、なれれば潔くていいのかもしれません。何でもかんでも時系列で並びます。娘の結婚式の写真もブログ用に一時的に用意した写真もすべて時系列です。潔い。

--みょ 大切な写真が見つからないみょ 結婚式で数百枚の写真があると探すの大変だみょ

うん。一覧表示が思ったよりも便利です。多分数万枚の写真なら時系列で管理できると思います。

基本的にWebでの一覧表示ですので、拡大縮小を使うとあっという間に探せます。


昔どっかの記事で使った写真が見たくて探してみました。2014年12月12日の写真でしたが、一発で見つけることができました。

キャプチャ
図4:ポケットトランペット

--みょ 古い写真だみょ

うん。気のせいかすぬぴも今より少し若い気がします。

便利なのですが、あくまでも圧縮しています。ということで、残しておきたいデータは別に保存して、とりあえずGoogleフォトにアップロードしておくというのもありなのかもしれません。

大丈夫か? 東証の障害? アローヘッドへの攻撃?

キャプチャ
図1:「東証 システム 障害 原因」のGoogle検索結果

ということで、昨日発生した東証のシステム障害について、今ある情報を並べてみます。


東証の株式取引システム「アローヘッド」では各証券会社からの取引注文を4つの接続振り分け装置で受けているということです。負荷を均等にするために、各証券会社から毎朝動作確認の電文を送るという仕組みになっています。

この動作確認の電文が、通常の千倍近い量送られてきて接続振り分け装置で処理できなくなったようなのです。そして、この千倍近い電文を送付した証券会社が図1のようにどうやらメリルリンチ日本証券のようです。

4系統の接続振り分け装置のうち1系統が停止して、40社弱の証券会社に影響が出たようです。

キャプチャ
図2:共同通信社 東証システム障害、証券40社弱に影響


昨日のTOPIXは1.76%下落しました。

--みょ 下落は大きいけど、暴落ってほどじゃないみょ 原因は特定できないみょ

うん。原因は分かりません。でも、実際に下落したのです。

もしも、TOPIXの先物でも売っていれば儲かっています。


ここで、TOPIX先物を売っていた主体が気になります。

キャプチャ
図3:ロイター 〔需給情報〕日経225期近でモルガンMUFGが売り越しトップ=9日先物手口

--みょ またメリルリンチが登場したみょ 2回目だみょ

うん。日経先物はモルガンMUFGが売り越しトップですが、TOPIX先物はメリルリンチが売り越しトップなのです。


以上の情報を改めて並べてみると、
メリルリンチ日本証券が通常の千倍近い電文を送信した。
東証のシステム障害が発生した。
日本株が下落した。
メリルリンチがTOPIX先物の売り方として儲かった。
となります。

--みょ いけないみょ おこあえるみょ

うん。今回のペナルティーがどうなるかはわかりませんが、東証のシステムに脆弱性があったわけですから、強く出られないかもしれません。結果としてメリルリンチが儲かるのかもしれません。

まあ。結局は千倍の電文が送られてきたからシステムが止まりましたってのが問題だと思っています。

システムってのはトラブります。どんなに大切なシステムだってトラブるのです。

キャプチャ
図1:野村證券 トップページ 2018.10.09 13:31現在

野村證券では株式注文の受付を一時停止していました。穏やかじゃありません。でも、これは野村證券の問題ではなくて、東京証券取引所の現物株式売買システム「アローヘッド」の一部トラブルのようです。


アローヘッドといったら日本の株式取引を統括するシステムです。一部とはいえ、これがトラブルを起こすというのは穏やかじゃありません。

--みょ 大変なシステム障害だみょ エンジニアはおこあえるみょ

うん。怒られます。とはいっても、どんなにお金をかけてちゃんと管理しているシステムでも、トラブルはつきものです。銀行システムだって止まるし、航空機の管制システムだって訳が分からなくなるし、列車運行システムだってトラブルと無縁ではありません。

大切なことは必ずトラブルが発生するという前提で運用することだと思っています。


今回のトラブルは、どうやら4つの接続振り分け装置のうち1つが停止したことが問題のようです。

証券会社側が他の振り分け装置に接続を切り替えたらとりあえず取引が可能で、証券会社側には連絡済みだとのことです。

ということですので、たまたま調子が悪い振り分け装置に接続していた証券会社でトラブルが発生しているようです。

とは言っても、証券会社によって対応が結構異なります。

例えば大和証券では8時50分には通常の取引に戻っていたようです。

キャプチャ
図2:大和証券 【重要】東証システム障害による一部注文の約定について【更新】


だからといってこれだけで大和証券のシステムや対応が優れているとはいえません。次に何か起こった時には大和証券よりも野村證券のほうが素早い対応ができるかもしれません。

大切なことは、システムは必ずトラブるし、いざトラブルが発生したら個人投資家にはどうしようもないということです。

ただ、今回他の証券会社にも口座があればそちらの口座で注文が出せたかもしれません。ただし、明らかに信頼性が高い証券会社というのは存在しません。

個人投資家にできることは、複数の証券会社の口座を用意して、特定の証券会社で発注できない事態が起こっても、どこかの証券会社で発注できる準備を整えておくことだと思っています。

もきち♪もいくつかの証券会社に資金を分散しています。絶対とか完全とかというのはありませんが、できる準備を整えておくと少し幸せになるのかもしれません。

10GBのゴミ ~Googleドライブのゴミ箱~

キャプチャ
図1:Googleドライブのゴミ箱

ということで、Googleを食らわば皿までなのです。もうね。Googleにどっぷりと頼り切っています。


クラウドストレージもいろいろ使ってきましたが、今はGoogleドライブをメインで使っています。

ところが、保存容量の余裕がなくなってきて気になっていたのです。なんだかんだで17GBを無料で使わせてもらっているのですが、14GB使っているというのです。

もきち♪は高画質のデジカメを持っていないし、動画もほとんど保存していないからそんなに使っているとは思えなかったのです。


ということもあって、画像をGoogleフォトの「高画質」で保存して無制限にGoogleに預かってもらおうと考えたのです。

ほとんどの写真は画質をうんぬんするものではありません。圧縮されても問題ない。元のデータで残しておきたいものは別に保存すればいいのです。

と考えてさっそく画像データをごっそりとGoogleフォトに「高画質」でアップしましたが、Googleドライブの保存容量が変わらないのです。14GBで変わらない。

他に容量を食っているファイルは音楽データぐらい。でも、プロパティで確認すると1.5GBぐらいです。とても14GB使っているとは思えません。


WebブラウザでGoogleドライブを見ていたら「ゴミ箱」がありました。

Googleドライブでは過去のファイルも復元できますので、「ゴミ箱」に過去のファイルがすべて保管されています。恐るおそる「ゴミ箱」の中身をのぞいてみたら。。。。ありました。いっぱい。

--みょ ゴミ箱の中身は捨てないとだめだみょ

うん。普段もきち♪はこまめにゴミ箱を空にしていますが、Googleドライブはローカルに置いてあるコピードライブで利用していますので、「ゴミ箱」を空にしたことがありませんでした。

早速空にしてみます。「ゴミ箱を空にする」で削除しても、後からあとからファイルがわいてきます。ゴミファイル。そして、保存容量は14GBで変わりません。とりあえず全部空にして、しばらく落ち着かせてWebブラウザでGoogleドライブを確認したのが図1です。

使用容量は3.6GBです。実に使用容量の10GBがゴミでした。


ゴミといっても、非常時には復元できるバックアップなのですから、全く不要なファイルではないのです。

問題は何世代残すのかってことです。サーバーとかのバックアップでもどのデータをどこまで残すのかというのは難しい問題でもあります。

何しろ容量には必ず限界があるのです。

まあ。Googleドライブの場合は無料容量を使い切って「容量をアップグレード」してほしいのかもしれません。

この辺りは便利さとのトレードオフなのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告