08
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ブラウザによるスピードの違い

キャプチャ
図1:Google Chromeでのスピードテスト

ということで、Firefoxを使っているのですが、なんだかChromeに比べて遅い気がするのです。


--みょ Firefoxって高速で売っているブラウザだみょ 気のせいだみょ

うん。Firefoxのスローガンは「この速さ、どこまでも。」です。高速だとうたっています。

キャプチャ
図2:Firefoxのダウンロードサイト

でも、Google Chromeだって「高速なブラウジング」だと言っています。

キャプチャ
図3:Google Chromeのダウンロード

Windows10におまけでついてくるMicrosoft Edgeだって高速だって言っています。

キャプチャ
図4:Microsoft Edge紹介サイト

もうね。どれが速くてどれが遅いんだかわかりません。


--みゅぅ 比べるしかないみょ いっせいせのせでページを読み込んで速いブラウザが速いみょ

うん。いっせいせのせでは難しいので、スピードテストサイトで比較してみます。とはいっても、まったく同じ条件で実施するのは難しいので、10回の平均値をとってみます。

手順は、それぞれのブラウザと記録用のエクセルシートだけ立ち上げて、USENのスピードテストを実施して結果をエクセルにコピペという作業を、ChromeとFirefoxとEdgeの順番に行います。これを10回繰り返したのが次の図です。

キャプチャ
図5:各ブラウザでのスピードテスト結果


まあ。厳密に条件を合わせたわけではありませんが、それでもそれぞれのブラウザを順番にテストしています。一応10回。

あまり意味がないと思うけど、10回の結果のグラフです。

キャプチャ


結果は、平均値が一番速かったのがGoogle Chromeで「47.063 Mbps」。次がMicrosoft Edgeで「45.293 Mbps」。一番遅かったのがFirefoxで「38.829 Mbps」という結果になりました。

すべての最速はGoogle Chromeの「49.129 Mbps」で最も遅かったのがFirefoxの「36.648 Mbps」でした。

あくまでももきち♪の環境で、たまたま実施した検証ですが、やっぱりFirefoxがGoogle Chromeよりも遅く感じるというのはあながち間違いではなさそうです。

Webを保護してみる ~ブログの常時SSL化への軌跡~ その2

キャプチャ
図1:GoogleChromeでこのブログの保護内容を表示

Googleさんが保護されていないWebページに警告出すってことで、このブログも常時SSL化を実施しました。実施手順を確認していきます。


このブログは「fc2」サービスを利用しています。この「fc2」が提供している機能で「SSL」に設定します。

キャプチャ
図2:ブログ全体のSSL設定

--みょ できたみょ SSLだみょ


うん。確認してみます。

キャプチャ
図3:非SSLリンクが含まれているページの保護情報

--みょ 完全に保護されていないみょ

うん。図1の設定に対して非SSLリンクを追加してみると、Googleから警告されます。困ったものです。


ここで、非SSLリンクを一つずつ解消していきます。非SSLリンクはブラウザで調べられます。文句を言っているGoogle Chromeでは、右上の点が縦三つ並んでいるメニューをクリックして「その他のツール」から「デベロッパーツール」を選択します。

キャプチャ
図4:デベロッパーツールの起動

デベロッパーツールの下のほうに非SSLリンクがリストアップされます。これらのリンクをSSLで開いてみて、問題なければ一つずつ「https://」に修正していきます。

キャプチャ
図5:デベロッパーツール


常時SSL化を実施するには、大元をSSL化して、細かなリンクを修正していくってことです。

--みょ 細かな修正方法は?

うん。それは。ほら。サイトによって様々だから。動的サイトならテンプレートを全部修正して動的部分を一つずつ修正していくことになります。

ということで、あまり参考にはならないかもしれませんが、一応このブログを常時SSL化した手順でした。

Webを保護してみる ~ブログの常時SSL化への軌跡~ その1

キャプチャ
図1:GoogleChromeでこのブログの保護内容を表示

Googleさんが保護されていないWebページに警告出すってことで、のんきなブログを書いているもきち♪のような人間にも影響があったりするのです。


Webページを保護するってのは「常時SSL化」なんて言ったりします。

そもそもSSL(Secure Sockets Layer)というのはインターネットでやり取りするデータを暗号化するプロトコルです。ほかにTLS(Transport Layer Security)というプロトコルもよく使われます。

今はこの2つのSSL/TLSプロトコルを使って通信を保護することを「常時SSL化」と呼んでいます。

--みょ TLSは? 立場がないみょ ほっからり床の柔らかいと一緒だみょ

うん。用語として広がってしまいましたから、今さら変えられません。


保護されたページかどうかはまずURLで確認できます。

保護されたページは「https://」で始まります。それに対して保護されていないWebページは基本的に「http://」で始まります。

キャプチャ
図2:保護されていないページ

困ったことに「https://」で始まるからと言って、常時SSL化されているわけではありません。ただ、常時SSLが不十分だと警告が出たりします。

キャプチャ
図3:保護が不十分なページの保護内容


ということで、ページをSSL化するには、まずは「https://」から始まる細工をして、警告が出ないように細かいところの調整を行うということになります。

その2から、このブログを例に常時SSL化の手順を確認していきます。

Googleさんが保護されていないWebページに警告出すってよ

キャプチャ
図1:このブログへの30日間アクセスブラウザランキング

このブログに遊びに来ている人の、ブラウザのランキングトップはGoogle Chromeで43.14%となっています。


--みょ もきち♪がGoogle Chromeを使っていたからだみょ 自分のアクセスだみょ

いえ。もきち♪のアクセスは除外しています。ちなみに、ここ数日Firefoxを使っていますが、Google Chromeのアクセス数はむしろ増えています。

キャプチャ
図2:このブログへの30日Google Chromeによるアクセス数推移

--みょ 増えているみょ もきち♪が使わないほうが人気がでるみょ

いえ。なぜかエクセルでローソク足を描くシリーズが終わってから全体のアクセス数が増加しています(^^;

どちらにしても、このブログを訪れてくれる人はGoogle Chromeを使っている人が多いということです。


そんなGoogle Chromeから気になるアナウンスが流れています。

今月7月にリリースされる新しいバージョンChrome68から保護されていないページを閲覧しようとすると警告を出すって言うのです。

キャプチャ
図3:もきち♪のGoogle Chrome 情報(2018/7/21現在)

つまり、そのままだともきち♪のブログに訪れてくれた43.14%の人はGoogleから警告を受けるということです。

--みょ 警告されたらこわいみょ 閉じちゃうみょ

うん。そもそもクレジットカード情報とかを盗まれるのを防ぐための保護だと思いますので、もきち♪のブログは勘弁してほしいのですがそうもいかないようです。


と言っていても始まらないので、このブログは保護してみました。ちなみにスピンオフサイトはまだ保護できていません。

結構大変なのです。httpにsを付けるだけではないのです。

ということで、たぶん次回は保護した手順を確認してみます。

Alexaが聞き耳を立てているようです

 

Alexaが夫婦の会話を勝手に録音して部下に転送していたと話題になっています。


AlexaはAmazonのAIアシスタントです。Amazonとしては「Alexa 牛乳買っといて」ってのを狙っています。でも、「Alexa」って呼びかけたときにすぐに反応するということは、常に聞き耳を立てているということです。

油断も隙もあったもんじゃない。

家庭内のあんな会話やこんな会話がすべて聞かれているのです。


キャプチャ
図1:KIRO7 Woman says her Amazon device recorded private conversation, sent it out to random contact

KIRO7によると、夫婦の会話から「Alexa」のように聞こえる言葉に反応してEchoが起動して、続く会話から「メッセージを送信」と命令されたと受け取って、「誰あてに?」と尋ねたところ夫婦は気が付かず、その後の会話からユーザーの連絡リストにある送信先に録音データを送付したということです。


Amazonは非常にまれなケースだけど再発防止に努めますとのコメントを出しているようです。確かに、この事例自体はレアケースで再発はないのかもしれません。

でも、頼んでもいない商品が大量に送られてきたり、知らない間に何かをつぶやいていたり、誰かにメッセージを送っていたりってのは今後もありそうな気がします。

何しろ、今でも「OK! Google」だとか「Hi Siri」だとか「Cortana」だとか今回の「Axexa」だとかNGワードが多すぎます。


今までコンピュータってのは正確に指示しないと動作しませんでした。

一字一句間違えずに指示すると不愛想にこなしますが、1文字でも間違えるとネチネチと「ここが違うあそこが違う」と駄々をこねます。まったく融通が利きませんでした。

でも、最近のコンピュータときたら、コマンドを打ち込んでいると先回りして候補を出してくれるし、日本語変換では少しの間違いなら何もなかったかのように正しい文章に変換してくれます。相変わらず「確立」と「確率」の区別はつかないようですが、一応補完してくれたりします。

AIとなるとなおさらです。忖度もあるのかもしれません。告白をためらっていたら相手のAIと根回しして上手に仲を取り持ってくれるなんてこともあるのかもしれません。

AIともなると、付き合い方をちゃんと考えないと大変なことになるのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告