05
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

平成相場をざっくりと確認してみた

キャプチャ
図1:日経平均年足チャート 1989年~

平成ももうすぐ終わります。日本株の取引は昨日で平成最後となりました。

ということで、もきち♪の覚えも含めて平成の日経平均を振り返ってみたいと思います。


さっそく月足とかで平成の日経平均全4本値をダウンロードできないかと探してみましたが、これがなかなか難しい。

何しろ平成は31年まであるのです。

--みょ んでも日経平均のもっと長いデータを扱っていたみょ

うん。年足です。ということで、1989年(平成元年)からの年足チャートが図1です。2019年(令和元年予定)は4月26日までとなっています。

昭和最終取引日は1989年1月6日で終値が30,209.54円でした。平成最後の取引日が昨日2019年4月26日で終値が22,258.73円です。

日経平均は平成で7,950.81円、26%下落しました。この間ダウは$2,194.29から$26,543.33に12倍以上になっています。大きく負けています。

日経平均はダウの動きに大きく影響を受けていると思っていましたが、どうやら下落時は影響を受けても、上昇時には連れ高とはなっていないようです。


日経平均にとって平成という時代がどういう時代だったのかが気になります

ということで、日経平均設定時の1949年からの年足チャートです。

キャプチャ
図2:日経平均年足チャート 1949年~

--みゅぅ 昭和の間は上昇したのに平成になったら下降に転じているみょ

うん。田中角栄親分が日本列島を改造して上昇して、バブル崩壊にリーマンショックです。ちょっと平成はツキがなかったのかもしれません。


令和ってのはいい時代になってほしいと思っています。

幸い、天皇陛下退位に伴う改元ですので、世の中お祭り騒ぎです。スタートダッシュはばっちりです。

「平成最後の○○」が終わったら「令和最初の○○」でお祭り騒ぎはしばらく続きます。いっぱい酒が飲めます。へべれけです。

私事ですが、平成元年生まれの長女がもうすぐ出産予定です。もきち♪にとって平成は父親の時代で、令和は祖父の時代ということになります。日本経済活性化のために微力ながら貢献することになりそうです。

日経平均株価とドル円相場

キャプチャ
図1:日経平均株価とドル円 日足6か月 相対チャート

もうすぐ日本は10連休です。でも、海外は投資家たちが働いています。海外の投資家は日本円は不要です。日本円をもって八百屋さんに行ってもキャベツは買えないのです。

ということで海外の投資家はドル建てで考えるのかもしれません。そして10連休の間は日本の市場はお休みで海外市場だけなのです。


だとすると、ドル建ての日経平均株価が気になります。

日経平均株価とドル円とドル建て日経平均を並べたのが図1です。日足6か月チャートで、それぞれ6か月前を基準にした比率をプロットしています。

--みょ ドル円は安定しているけど、日経平均は一度大きく下降して少し戻しているみょ

うん。図1を見ると日経平均株価が一時的に大きく下降したように見えます。


ところで、前回「数字はうそをつかない?」で見る人の感じ方を誘導する手法を確認しました。

やってみます。

キャプチャ
図2:日経平均株価とドル円 日足3か月 相対チャート

--みゅ? 日経平均強いみょ ドル円低迷しているみょ

うん。日経平均株価が元気よく上昇しているように見えます。


図1も図2もデータは細工していません。どちらも日経平均とドル円の動きを正確に表現しています。

でも、もしももきち♪が「日経平均はまだまだ上昇していません」ってことを示すなら図1を、「日経平均は順調に上昇しています」ってことを示すには図2を使います。

別にどちらもデータは改ざんしていません。これで印象が変えられるとしたら、できるだけいつも同じフォーマットで検証することが大切だと思っています。

もきち♪としては日足6か月ってのを基準に考えたいと思っています。


日本の市場は休場でも、海外市場に上場している日本企業は取引されますし、海外市場の日経平均先物は取引され続けます。

10連休明けにはすっかり様子が変わっていることも考えられます。

10連休といっても、個人投資家としては海外市場のチェックを続ける必要があると思っています。

米国債の期間による金利

キャプチャ
図1:2019.4.16 米国債のイールドカーブ

アメリカ国債の金利がややこしいことになっているようです。


1年、3年、5年、10年米国債の金利を並べたのが図1です。

イールドカーブ(Yield curve:利回り曲線)ってやつです。

期間の異なる債権は、通常長期間のものが高金利となります。長い間資金が拘束されるから高い金利じゃないと割があいません。

ところが、今の米国債は、1年債よりも3年債や5年債の金利のほうが低くなっています。逆イールドなんて言います。


過去1年間の機関の異なる米国債金利の変化を見てみます。

キャプチャ
図2:米国債 期間ごとの金利 日足1年チャート

--みゅぅ 1年債の金利が去年の末に3年債と5年債の金利を上回っているみょ

うん。昨年末ぐらいから逆イールドになっているようです。


逆イールドが発生すると、景気後退に向かうサインだといわれます。

今まで逆イールドとなった後は景気後退局面となっているとのことです。

でも、今までそうだったからといって今後もそうだとは言えません。

今の米国貿易交渉の行方によってはさらなる景気成長もあると思っていますが、どうなることやら。

10連休と3月決算企業の決算短信

キャプチャ
図1:SBI証券 決算発表スケジュール(国内株式)

来週末からゴールデンウィークです。10連休です。昭和の日から平成が令和で天皇陛下が即位して憲法記念日でこどもの日です。お祭り騒ぎです。


ゴールデンウィークって毎年決算発表が相次ぎます。

上場会社は、決算日から45日以内に決算短信を発表するように決められています。

日本の企業は3月決算が多いのです。3月末が決算日だと、45日以内の5月15日までに決算短信を発表することになります。つまりゴールデンウィーク前後は3月末決算企業の本決算短信発表ラッシュなのです。


毎年ゴールデンウィークの時期には決算短信が相次ぎます。そして、今年はめでたい年なので10連休です。

決算短信スケジュールが気になります。

ということで、確認したのが図1です。毎年スケジュール通りとはいきませんが、一応の目安にはなります。

今年は10連休前の4月26日(金)に275社と前半のピークを迎えて、最大の集中日は5月10日(金)の671社となっています。

5月15日(水)は473社で3番目に多くなっています。15日が水曜日ですのである程度分散しているようです。1,000社近い集中日はありません。

10連休を15日が水曜日だということで打ち消して分散しているのかもしれません。ありがたい。


もきち♪はこの時期にはすべての決算短信をチェックするようにしています。

--みょ 普段は?

う~ん。すべての決算短信をチェックするのが理想なのかもしれませんが、まずは3月決算企業の本決算をと思っています。

今年はある程度分散しているからといって、500件以上の決算短信を1日でチェックするのは結構大変です。

決算短信マラソンに備えてパソコン環境と体調を整えて臨みたいと思っています。

2018年の気になった出来事と日経平均の推移

キャプチャ
図1:2018年の出来事と日経平均週足チャート

昨日は大納会で、2018年の取引も無事(?)終了しました。

今年はいろいろな出来事がありました。ということで、2018年の気になった出来事と日経平均株価の推移を確認していきたいと思います。


今年は一言でいうと、とらえどころのない1年だったと思います。大きなトレンドと言えるものはほとんどないのに、常に変動幅が大きくて、気が抜けない1年だったと思います。

何しろTwitterにツイートがあるとすぐに数百円動いてしまいます。仲良くしていると思ったら急に仲が悪くなって、またすぐに仲直りです。

もうね。予想するというのはあきらめたほうがいいのかもしれません。


とまあ。感覚でぶつぶつ唱えていてもらちがあきません。

何とか定量的に数字で表現できないかと考えたのです。変動具合を数字で表すのです。

--みょ 標準偏差?

いえ。それだとばらつきを表すことになってしまいます。はっきりしたトレンドがある場合も、標準偏差は大きくなるのです。

今回調べたいのは変動幅の大きさですので、変動値を抽出して、その分布を調べるのがよさそうです。

変動値ならTR(True Range)が使えそうです。日足のTRを他の年と比べるとよさそうです。

TRは、日足で考えると以下の3つのうち最大のものです。

1.当日高値-前日終値
2.前日終値-当日安値
3.当日高値-当日安値



ということで、MARKET SPEED IIのインプレッションを一時お休みして、年によるTRのばらつきを確認していきたいと思います。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

過去の記事

全ての記事一覧