02
21
22
23
24
25
26
27
28
   

1月の米雇用統計速報値(2019/2/1発表)

キャプチャ
図1:1月の米雇用統計速報値(2019/2/1発表)

1月の米雇用統計速報値が2019/2/1に発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想3.9%に対して4.0%と予想よりも少し悪化しました。平均時給も前年比は事前予想通り3.2%でしたが、前月比は事前予想が0.3%に対して0.1%と事前予想に届いていません。

ただ、非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)は事前予想が165千人の増加に対して304千人の増加と大幅に上回っています。

雇用者数は予想以上に増加して、失業率が少しとはいえ悪化しているのですから求職者が想定以上だったということになります。雇用状況が好転しているから、就職をあきらめていた人が職を探しているのかもしれません。


非農業部門雇用者数(NPE)の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数2年推移と3か月移動平均

--みょ 予想を大きく上回っているみょ

うん。ただ、12月の速報値が312千人だったのが、今回の修正値が222千人と大幅に下方修正されているのが気になります。90千人の下方修正です。

とはいっても、1月に増加した90千人が12月に増加したと考えても214千人となりますので、予想を上回っていることに変わりはありません。

NPEは1月も増加が続いていると考えてよさそうです。


米利上げの要因は雇用統計だけではありませんが、今はほとんど利上げも利下げもないと想定されています。

オプション価格から算出された今年末の米金利想定を見ても、2.25%から2.50% と今の利率と変わらないと見られています。

キャプチャ
図3:2019年11月FOMCの利上げ確率


今はもう利上げはなくて、ひょっとすると利下げがあるかもしれないと思われているようです。

パウエルおじさんがはっきり言わなくても、マーケットはそう見ているということのようです。

アメリカ経済もそろそろ転換点を迎えているのかもしれません。

12月の米雇用統計速報値(2019/1/4発表)

キャプチャ
図1:12月の米雇用統計速報値(2019/1/4発表)

12月の米雇用統計速報値が2019/1/4に発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想3.7%に対して3.9%と予想よりも悪化しました。

ただ、平均時給は前年に対する比率が事前予想3.0%の増加に対して3.2%の増加、前月に対する比率が事前予想0.3%に対して0.4%の増加、非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)は事前予想が184千人の増加に対して312千人の増加と大幅に上回っています。

失業率が悪化して、雇用者数が大幅に増加しているのですから、求職者が大幅に増加しているということになります。雇用環境の改善によって求職者が増加していると考えていいのかと思います。


アメリカって人がたくさん住んでいます。失業率が4%を切る完全雇用の状態にあっても、雇用者数がどんどん増えています。いや。人口には限界がありますので、どこかに限界がありそうなものですが、まだまだ増加余地があるようです。

ということで、非農業部門雇用者数(NPE)の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数2年推移と3か月移動平均

--みょ 予想を大きく上回っているみょ

うん。10月11月分も上方修正されて、3か月移動平均は254千人と2年来高値となっています。

グラフを見ていると忘れてしまいそうですが、これは雇用者数のグラフではなくて、雇用者数の増減グラフなのです。0よりも上にあるということは、ずっと増加しているのです。強い。


アメリカでは利上げが一服して利下げもあるのではないと思われていました。そこに強い雇用統計が発表されて、ひょっとすると利上げが続くのかもしれないとの観測もあります。

今のところマーケットでは今年は利下げのほうが可能性が高いと観測されていますが、今後の展開によってはまだまだ利上げがあるのかもしれません。

雇用統計の発表を受けて、昨晩のダウは急反発しています。

日経平均先物も大阪の夜間で20,100円と、日経平均終値に対して538円のプラスとなっています。週明けの日本株も上昇して始まるのかもしれません。

11月の米雇用統計速報値(2018/12/7発表)

キャプチャ
図1:11月の米雇用統計速報値(2018/12/7発表)

11月の米雇用統計速報値が2018/12/7に発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想通り3.7%、平均時給は前年に対する比率が事前予想通り3.1%増加、前月に対する比率が事前予想0.3%に対して0.2%の増加、非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)は事前予想が198千人の増加に対して155千人と大きく下回りました。

非農業部門雇用者数は事前予想を大きく下回りましたが、失業率は相変わらず3.7%と完全雇用の水準になっています。


NPEはどこまでも増え続けるわけではありません。アメリカの人口は一定です。いや。生まれたりお亡くなりになったりして変動はありますが、どんどん増え続けるわけではありません。

つまり、完全雇用が維持されていれば、NPEの増加が止まってもそれほど気にすることはないのかもしれません。とはいっても実際に数字で出ると景気判断の材料としたくなります。

ということで、非農業部門雇用者数(NPE)の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数2年推移と3か月移動平均

--みょ 弱いみょ 3か月移動平均も下がっているみょ

うん。少し弱い数字が続いています。先月の速報値250千人も237千人に下方修正されています。3か月移動平均も200千人を下回ってきました。

とは言っても増加が続いています。失業率も完全雇用の水準で維持されています。雇用はまだまだ良好な状態が続いているようです。


12月FOMCの利上げ確率の推移です。

キャプチャ
図3:12月FOMCの利上げ確率

CME FedWatch Toolによると、12月FOMCの利上げ確率71.5%となっています。

ここ数日マーケット関係者はFOMCのえらいさんの発言に振り回されているようですが、少なくとも12月の利上げは織り込まれているようです。もしも利上げがなかったらと考えると背筋が寒くなったりします。

12月に利上げがあったとして、その後の利上げはどうなるのかもやっとしています。


このままでは年が明けてもマーケットはすっきりしない展開が続きそうです。

今は雇用統計よりもFOMCのえらいさんの発言のほうが利上げに対する影響力が高いのかもしれません。

でも、雇用統計として発表された数字は残ります。Twitterのように消えてなくなるものではありません。一時的に影響力が低下しているとしても毎回記録しておこうと思っています。

10月の米雇用統計速報値(2018/11/3発表)

キャプチャ
図1:10月の米雇用統計速報値(2018/11/2発表)

10月の米雇用統計速報値が2018/11/2に発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想通り3.7%、平均時給は前年に対する比率が事前予想通り3.1%増加、前月に対する比率も事前予想通り0.2%の増加、非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)は事前予想が200千人の増加に対して250千人と大きく上回りました。

失業率は相変わらず3.7%と完全雇用ともいえる低い数字です。


NPEも事前予想の200千人に対して250千人の増加とたくさん雇用されています。

--みょ どんどん採用されているみょ

うん。ただ、前回のNPEが速報値134千人から118千人に下方修正されています。とはいっても、下方修正幅は16千人に対して、予想を50千人上回っていますので、素直に増加を評価していいのかと思います。

やはり先月はハリケーンなどの一時的要因で弱かっただけのようです。

ということで、非農業部門雇用者数(NPE)の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数2年推移と3か月移動平均

3か月移動平均も218千人と200千人を回復しました。NPEはどんどん増加しています。


年内の米金利上げ確率の推移です。

キャプチャ
図3:年内米利上げ確率

CME FedWatch Toolによると、年内のFOMC利上げ確率は先月と変わっていないようです。


アメリカでは来週中間選挙が執り行われます。選挙が済めばトランプ親方は勝っても負けても何かしら動きそうです。

12月のFOMCまでにはあと1回雇用統計の発表もありますので、状況が大きく変わることも考えられます。

中間選挙が終わって落ち着くまでは動きにくいのかもしれません。

9月の米雇用統計速報値(2018/10/5発表)

キャプチャ
図1:9月の米雇用統計速報値(2018/10/5発表)

9月の米雇用統計速報値が2018/10/5に発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想より0.1%少ない3.7%、平均時給は前年に対する比率が事前予想通り2.8%増加、前月に対する比率も事前予想通り0.3%の増加、非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)は事前予想が185千人の増加に対して134千人の増加にとどまりました。

失業率は約49年ぶりの低い数字で、完全雇用っぷりがますます進んでいるようです。


--みょ んでも非農業部門雇用者数の増加が予想よりも悪くなっているみょ

うん。でも、7月と8月のNPEが上方修正されていますし、完全雇用が崩れていませんので、求職者が減っていると考えていいようです。ハリケーンの影響じゃないかといわれています。

ということで、非農業部門雇用者数(NPE)の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数2年推移と3か月移動平均

3か月移動平均は少し下がっていますが、完全雇用で平均時給も上昇しているのですから、雇用条件は良好だと言えそうです。


年内の米金利上げ確率の推移です。

キャプチャ
図3:年内米利上げ確率

年内利上げ確率は徐々に増加して、今は95.2%とほぼ織り込まれています。

そろそろ来年の利上げ確率を気にしたほうがいいのかもしれません。


とまあ。いろいろ考えてもやっぱり非農業部門雇用者数が134千人しか増えていないというのはちょっとショックです。

とは言っても、先月の上方修正が69千人です。今月の予想に足りなかった51千人よりも多い。何か大人の意思が働いているのかもしれません。

つまり、内容を見ると悪くはないけれど、見た目はちょっとあれだということだと思います。今後の展開が少し楽しみだったりします。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告