02
21
22
23
24
25
26
27
28
   

1月の米雇用統計速報値(2019/2/1発表)

キャプチャ
図1:1月の米雇用統計速報値(2019/2/1発表)

1月の米雇用統計速報値が2019/2/1に発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想3.9%に対して4.0%と予想よりも少し悪化しました。平均時給も前年比は事前予想通り3.2%でしたが、前月比は事前予想が0.3%に対して0.1%と事前予想に届いていません。

ただ、非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)は事前予想が165千人の増加に対して304千人の増加と大幅に上回っています。

雇用者数は予想以上に増加して、失業率が少しとはいえ悪化しているのですから求職者が想定以上だったということになります。雇用状況が好転しているから、就職をあきらめていた人が職を探しているのかもしれません。


非農業部門雇用者数(NPE)の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数2年推移と3か月移動平均

--みょ 予想を大きく上回っているみょ

うん。ただ、12月の速報値が312千人だったのが、今回の修正値が222千人と大幅に下方修正されているのが気になります。90千人の下方修正です。

とはいっても、1月に増加した90千人が12月に増加したと考えても214千人となりますので、予想を上回っていることに変わりはありません。

NPEは1月も増加が続いていると考えてよさそうです。


米利上げの要因は雇用統計だけではありませんが、今はほとんど利上げも利下げもないと想定されています。

オプション価格から算出された今年末の米金利想定を見ても、2.25%から2.50% と今の利率と変わらないと見られています。

キャプチャ
図3:2019年11月FOMCの利上げ確率


今はもう利上げはなくて、ひょっとすると利下げがあるかもしれないと思われているようです。

パウエルおじさんがはっきり言わなくても、マーケットはそう見ているということのようです。

アメリカ経済もそろそろ転換点を迎えているのかもしれません。

オプション取引 コンビネーション リアルタイムグラフへの挑戦 その1

キャプチャ
図1:昔書いた記事に頂いたコメント

昔書いたオプションの記事「オプション取引基礎の基礎 その6 コンビネーション」にコメントをいただきました。


グラフのデーターの部分はRSSでリアルタイムで変化させることってできるものなのでしょうか?

引用:上記記事へのコメント

--みょ RSSってよく聞くみょ

う~ん。ここで言っているRSSは、いわゆるRSS(Really Simple Syndication)ではなくて、リアルタイムでマーケットデータをエクセルに反映させるRSS(リアルタイムスプレッドシート)のことです。

そして、リアルタイムスプレッドシートで検索すると楽天証券しかヒットしません(もきち♪調べ)ので、ここからは楽天RSSとして話を続けます。


楽天RSSを利用するにはマーケットスピードのインストールが必要です。

--みょ? マケスピ2は?

うん。将来的には対応するようですが、現時点ではマーケットスピードのインストールが必要です。

楽天RSSの利用方法は以前「楽天RSSを使ってみる」でざっくりと確認しましたが、オプションのデータを参照することでもありますので、再度詳しく確認していきたいと思います。


大体このブログで新しいシリーズを始めるときにはある程度めどをつけているのですが、今回は行き当たりばったりです。

何とかなると思っているのですが、途中であきらめることになるかもしれません。

その2からお付き合いいただけたら幸いです。

楽天証券

12月の米雇用統計速報値(2019/1/4発表)

キャプチャ
図1:12月の米雇用統計速報値(2019/1/4発表)

12月の米雇用統計速報値が2019/1/4に発表されました。


発表された内容は図1の通り、失業率は事前予想3.7%に対して3.9%と予想よりも悪化しました。

ただ、平均時給は前年に対する比率が事前予想3.0%の増加に対して3.2%の増加、前月に対する比率が事前予想0.3%に対して0.4%の増加、非農業部門雇用者数(NPE:Nonfarm Payroll Employment)は事前予想が184千人の増加に対して312千人の増加と大幅に上回っています。

失業率が悪化して、雇用者数が大幅に増加しているのですから、求職者が大幅に増加しているということになります。雇用環境の改善によって求職者が増加していると考えていいのかと思います。


アメリカって人がたくさん住んでいます。失業率が4%を切る完全雇用の状態にあっても、雇用者数がどんどん増えています。いや。人口には限界がありますので、どこかに限界がありそうなものですが、まだまだ増加余地があるようです。

ということで、非農業部門雇用者数(NPE)の推移です。

キャプチャ
図2:米雇用統計非農業部門雇用者増加数2年推移と3か月移動平均

--みょ 予想を大きく上回っているみょ

うん。10月11月分も上方修正されて、3か月移動平均は254千人と2年来高値となっています。

グラフを見ていると忘れてしまいそうですが、これは雇用者数のグラフではなくて、雇用者数の増減グラフなのです。0よりも上にあるということは、ずっと増加しているのです。強い。


アメリカでは利上げが一服して利下げもあるのではないと思われていました。そこに強い雇用統計が発表されて、ひょっとすると利上げが続くのかもしれないとの観測もあります。

今のところマーケットでは今年は利下げのほうが可能性が高いと観測されていますが、今後の展開によってはまだまだ利上げがあるのかもしれません。

雇用統計の発表を受けて、昨晩のダウは急反発しています。

日経平均先物も大阪の夜間で20,100円と、日経平均終値に対して538円のプラスとなっています。週明けの日本株も上昇して始まるのかもしれません。

2018年の気になった出来事と日経平均の推移

キャプチャ
図1:2018年の出来事と日経平均週足チャート

昨日は大納会で、2018年の取引も無事(?)終了しました。

今年はいろいろな出来事がありました。ということで、2018年の気になった出来事と日経平均株価の推移を確認していきたいと思います。


今年は一言でいうと、とらえどころのない1年だったと思います。大きなトレンドと言えるものはほとんどないのに、常に変動幅が大きくて、気が抜けない1年だったと思います。

何しろTwitterにツイートがあるとすぐに数百円動いてしまいます。仲良くしていると思ったら急に仲が悪くなって、またすぐに仲直りです。

もうね。予想するというのはあきらめたほうがいいのかもしれません。


とまあ。感覚でぶつぶつ唱えていてもらちがあきません。

何とか定量的に数字で表現できないかと考えたのです。変動具合を数字で表すのです。

--みょ 標準偏差?

いえ。それだとばらつきを表すことになってしまいます。はっきりしたトレンドがある場合も、標準偏差は大きくなるのです。

今回調べたいのは変動幅の大きさですので、変動値を抽出して、その分布を調べるのがよさそうです。

変動値ならTR(True Range)が使えそうです。日足のTRを他の年と比べるとよさそうです。

TRは、日足で考えると以下の3つのうち最大のものです。

1.当日高値-前日終値
2.前日終値-当日安値
3.当日高値-当日安値



ということで、MARKET SPEED IIのインプレッションを一時お休みして、年によるTRのばらつきを確認していきたいと思います。

ひょっとして取り残されている? サプリと水とスマホ

キャプチャ
図1:イメージ画像

テレビを見ていると、CMの多くはサプリメントだったりします。そして今は水も買うもので、若者の消費額に占める通信費の割合はどんどん増えています。


これらの消費の特徴は、1度で済むものではなく、継続的に支出が続くということです。リカーリング(Recurring:循環性)ってやつです。

サプリメントは定期的に摂取するものですから、継続的に購入することになります。水も、ウォーターサーバを導入すると、定期的に届けてくれます。通信費は油断していると一生高額な通信費が引き落とされます。

企業にしてみればしめたものです。一度選んでもらったら毎月お布施が払い込まれます。費用が掛かってでも1件でも多く契約をとりたいのです。


このリカーリングという言葉は最近になって聞くようになりましたが、ビジネスモデルとしては別に新しいものではありません。

昔から毎朝新聞と牛乳が配達されていましたし、お米屋さんがお米と一緒にプラッシーなる不思議な飲み物を持ってきてくれていました。

 

--みょ お米屋さん?

うん。今ほど自家用車が普及していなくて、重たいお米は配達してもらっていて、ついでに重たい飲み物も持ってきてくれたのです。某乳酸菌飲料だって配達されていました。

生命保険や雑誌やプリンタなどの消耗品も同じからくりです。化粧品なども同じからくりなのかもしれません。よく知らないけど。別に継続消費が新しいわけではありません。


とはいっても、リカーリングという言葉を聞くようになりました。

たぶん。継続消費の対象が新しくなってきたのだと思います。サプリや水や通信費です。他にも使い捨てのコンタクトレンズなども新しい継続消費対象だと思います。

そして、消費額全体に占める継続消費額が大きくなっているのではないかと思います。少なくとも昔は通信費にこんなにお金を使っていませんでした。


消費額の割合が増えているのですから、産業としても大きなものになります。

ここでふと考えたのです。ひょっとしてもきち♪は取り残されているんじゃないかと。

例えばサプリ。管理栄養士の娘や、お世話になっている管理栄養士さんは「別にサプリメントを否定はしないけど、決してお勧めはしない」と言っています。別に害はなさそうだから服用することで安心できるのなら否定はしないということです。

--みょ んでも一粒で1日分の栄養素が取れるんだみょ

う~ん。でも、普通にバランスが取れた食事をしていればそれで十分だと思います。そして、栄養満点のサプリメントと、ダイエット用のサプリメントを服用するってなんだか変です。

そして、何か効果があるのならそれはもう医薬品で、お医者様の処方箋がなければ購入できないはずです。何の制限もなく購入できるってことはあくまでも食品なのです。それだったらおいしいものを食べたい。

水だって、欲しいときには蛇口をひねります。おいしい水が出てきます。水質は自治体が保証してくれています。

スマホも、貧民スマホでいかに安くするかを考えています。

つまり、もきち♪は大きくなってきた業界と距離をとって生活しているんじゃないかと思ったのです。


だからといって生活を変えようというのではなくて、投資対象として大きくなってきている業界に鈍感になっているのかもしれないと思ってしまったのです。

テレビを見ていると、サプリのCMがどんどん流れています。

今まではまったく気にしていませんでした。でも、少なくともどんな企業のCMが流れているのかということには気にしたほうがいいのかもしれません。まったく油断も隙もありゃしない。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告