12
   

スマホで簡単にPDFファイルを作成するAdobe Scan

キャプチャ
図1:Adobe Scan紹介ページ

紙の資料って場所をとるし、必要な時には必ず見つからないしで厄介です。


もきち♪は基本的に紙の資料は捨てちゃいます。残しておきたい資料はスキャンして捨てちゃいます。以前「スキャンしていますか? 使ってみると結構便利なスキャナー」で書いた方法です。

スキャナーは便利なのですが、場所が固定されます。例えばちょっとした資料に貼り付けたいときや、部分的に文字に変換したい時など、ちょっとだけ使いたい時などには面倒です。さらに、テレビ画面だったりすると、スキャンできませんので、写真で保存することになります。


そんな時には、Adobe Scanが便利です。スマホのカメラを書類(に見えるもの)に向けると自動で切り取ってPDFファイルにしてくれます。

その辺にあった本のあたりを撮影してみました。

キャプチャ
図2:Adobe Scanで作成したpdf

勝手にトリミングされてPDFファイルになっています。

--みょ まほよめ?

うん。帯の部分はトリミングされていますが、これが必要なら手動で含めることも可能です。

テレビ画面も簡単にpdfです。

キャプチャ
図3:テレビで流れていた図を自動でpdf

実際には本もテレビも斜めから撮影していますので、写真だと台形になってしまうのですが、ちゃんと長方形に補正されています。お手軽です。


adobeIDを作成しておけば、adobeのクラウドストレージ領域に保存できますので、スマホで作成したPDFが、パソコンでも何でもADOBE ACROBAT READERが起動する端末で見ることができます。

もちろん「名前を付けて保存」できますので、フォルダに整理して管理することも可能です。

文字を抽出することも可能で、検索することも可能です。


紙の資料を電子データにするにはお手軽なツールだと思います。

ちゃんと保存したい場合にはスキャナーのほうが高品質ですが、スマホカメラのほうがお手軽です。

何といってもテレビ画面を残したい時に台形補正してくれるのがありがたかったりします。

スキャナーと使い分けてみたいと思っています。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告