02
   

米国10年債利回りとその他の指標の推移

キャプチャ
図1:2018年各指標の推移(年初基準)

2月2日と5日の週末を挟んで2営業日連続の下落は、米国10年債利回り上昇が原因だと言われています。


ということで、図1に米国10年債利回りと、ダウ、ドル・円、日経平均の今年の推移を並べてみました。年初を基準にしています。

でも、図1を見ると、2月5日には10年債利回りは少しですが下落しています。少なくとも2月5日の史上最高幅の下落は10年債の上昇を伴ってはいません。

それに、1月26日までは10年債とダウとは一緒に上昇しているのです。

よく考えたら、他の指数でも、アメリカの金利が上昇すれば日本円を売って米ドルを購入する流れが出ますので、円安・ドル高になるはずです。図1ではドル・円チャートは上に向かうはずです。

円安・ドル高が進めば日経平均株価も上昇するというのが今までの流れのはずです。

10年債を悪者にするのは少し違うような気がします。


長期金利が上昇するということは、債券価格が下落するということです。長期債券は満期まで持っていれば利回り分のお金が得られます。利回りは約束されています。固い投資です。

例えば、10年債を購入するということは、10年後の債券価格と利回りを購入するということです。これが、今の価値よりも大きくなければ買えません。

例えば、今10年国債価格とリンゴ1個の価格が同じだったとします。ここで、10年国債を買って、10年後に償還された金額でリンゴ1個の値段よりもたくさんもらえれば儲かったことになります。でも、リンゴの価格が上昇してリンゴのほうが高くて買えなかったら、リンゴ本位で考えると損したことになります。

--みょ 10年後のリンゴはわからないみょ 今食べたほうがいいみょ リンゴおいしいみょ

うん。リンゴを買って手元にお金が残ることを考えて債券を購入するのです。でも、インフレが起こってリンゴの価格が上昇すると損するのです。

もしも10年後のリンゴの価格が上昇すると考えると、10年債は安くないと買いたくありません。10年債が安くなるということは利回りが上昇するということです。

つまり、インフレが予想されると利回りは上昇するということです。


金利の上昇によって株価がどう動くのかってのは上昇ピッチによると思っています。

--みょ 急かゆっくりか?

うん。今回のように急上昇すると、債券価格が下落しているわけですから、債券トレーダーの買い持ちポジションは大きな評価損が出ます。その損失を埋めようと利益が出ている株を売却して相殺しようとする動きがありそうです。

また、新規仕掛けをする投資家は、債券の利回りが上昇していますから、株式の配当利回りとリスクが少ない債券利回りとを天秤にかけることになります。10年債利回りが2.77%ですから、資金が株式から確実な債券に向かうことが考えられます。

また、企業の資金調達コストが上昇しますので、業績にも影響が出ると考えるのが自然です。株価の下押し圧力になります。

ただ、ゆっくりしたインフレならば、売上高も利益も配当金もじわじわ上がれば株価も同じような比率で上昇します。

ということで、10年債利回りが上昇したから株価が下落したというのは少し乱暴だと思っています。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告