09
   

日本のスマホ料金は高い?

キャプチャ
図1:日経プラス10サタデー 諸外国の携帯電話料金比

菅官房長官の「日本の携帯電話料金は高すぎる。4割は安くできる。」って発言が物議を醸しています。


今朝の日経プラス10サタデーで「日本の携帯電話料金はそれほど高くない。主要国では4番目。」と言っていました。

その時に表示していたのが図1です。確かにニューヨークやソウルよりも安くなっています。でも、図1を見ると、東京の携帯電話料金は4,000円を切っています

いろいろあって携帯電話料金を調べていましたので、この4,000円を切っている水準というのが気になりました。

--みょ んでも日本じゃなくて東京になっているみょ 東京と名古屋じゃぁ違うみょ

う~ん。携帯電話ですので、東京で契約して名古屋で使うこともあります。端末料金は東京のほうが安そうですが、電話料金そのものに差があるとは思えません。


表には「出典:総務省 月5ギガバイトのデータ容量を使う場合」と書かれています。ということで、総務省の報告書を調べてみました。

キャプチャ
図2:総務省 電気通信サービスに係る内外価格差調査 平成28年度調査結果

調査は大手3社のスマホ料金とと格安スマートフォン(MVNO)とガラケー料金などに分けて実施されています。番組ではその中の大手3社のスマホ料金を参考にしているようです。

キャプチャ
図3:大手3社のスマートフォン料金

調査条件は、「通話は月70分、メール利用は月 148通、データ通信量は月 2GB/月5GB/月20GB」となっています。このデータ量が月5GBのデータを使っています。

--みょ お役所の調査だみょ ちゃんとしているみょ 信用できるみょ

う~ん。でも、大手3社で月額4,000円を切っているというのはどうも信用できません。いや。もきち♪はいろいろ工夫して月額2,500円を切っていますが、今の水準を維持して買い替えるには格安SIMに頼るしかないかと思っています。


月額4,000円を切っているというのが納得できなくて詳細の調査結果を調べてみました。

からくりが少し見えてきました。シェア1位の事業者での比較が出ていました。東京はdocomoです。同じくデータ量が月5GBだと月額7,562円となりました。これなら納得です。

キャプチャ
図4:シェア1位の事業者による比較

--みょ 倍になっているみょ びっくりだみょ

うん。でも、納得の値段です。もともとの料金が気になったのでよく見ていると、図1の料金はソフトバンク(ワイモバイル)で何とか割りってのをフル装備したときの料金です。もきち♪のような小心者には契約できない条件です。

キャプチャ
図5:図1の詳細条件


以上を考えると、現実的には日本の携帯電話金は月額7,562円だと言えそうです。

これを見て菅官房長官は「日本の携帯電話料金は高い」と言っているのです。4割引き下げられるかどうかはわかりませんが、高いというのは正解だと思います。

携帯電話料金はMVNOで安く抑えることが可能ですが、問題は契約内容がわかりにくいことと、2年縛りだと思っています。

--みょ んでも契約してすぐに解約されるとややこしいみょ

うん。最初の2年はあってもいいのかもしれません。でも、2年縛りって自動更新されます。2年で解約すれば違約金が発生しませんが、2年半で解約すると違約金が必要なのです。

もちろん、4割安くなればまた選択肢が増えますが、まずは不要なサービスに支払っている料金をはっきりさせることと、2年縛りを更新させないことが第一歩だと思っています。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告