09
   

エクセルのテーブル機能を使ってみる その3

キャプチャ
図1:テーブル

その2でエクセルのテーブルスタイルオプションを確認しました。


テーブル機能を利用して1行おきに色を付けるメリットとして、お手軽に行の挿入や削除や追加をしても体裁が崩れない表が作成できるということがあります。

ということで、行を挿入してみます。行頭文字(例では「5」)で右クリックして「挿入」します。

キャプチャ
図2:行の挿入

文字を入力すると、あたかも初めから存在したかのように体裁が整っています。

キャプチャ
図3:行の挿入


--みょ んでもスマホに柿の種は入っていないみょ 間違ったスペックだみょ

うん。残念ながらスマホに柿の種は入っていませんので、削除します。行頭文字(例では「5」)で右クリックして「削除」を選択します。行を削除しても体裁は崩れません。

キャプチャ
図4:行の削除


テーブル機能のうれしいところは、行を追加してもスタイルが維持されることです。テーブル最終行の次の行(例では「22行目」)にデータを追加してみます。

キャプチャ
図5:テーブルの下の行に追加

行を追加するだけでスタイルが設定されます。ありがたい。

--みゅぅ スマホに一番搾りはついてこないみょ それにまた管理栄養士さんにおこられるみょ

うん。仕方がないので削除しておきます。


行の挿入や削除や追加でテーブルのスタイルが維持できることが確認できました。

とまあ。お手軽で便利なテーブルですが、邪魔になることだってあります。ということで、その4でテーブルを解除する方法を確認します。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告